FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花を召しませ 番外編~White HESH -37
2009年01月10日 (土)
 わたしはまた狂ってしまう。彼の前にその姿を晒してしまう。その事実に薄い恐怖を抱いても、強烈な快感の予感にはとても勝てない。彼がわたしを求めてくれるという事実に満たされていくのがわかる。
「シズくん、気持ちい……?」
「いいよ、美雪さんサイコー。すっげーぬるぬるで締め付けてきて……。あー、どうしよう、すげーいい」
 うめくような声で応えてくれながら、彼は腰骨の上をつかんだ右手でわたしを左右に揺らした。空いた左手で胸を荒っぽく揉み、普段とは少し違う角度でわたしの中にこすりつけてくる。
「美雪さんは? 美雪さんも気持ちいい?」
「いい……いいの……ん、はっ」
 彼が揺らすように突き上げてくれるたびぎゅっと乳首をつまんでくれるたび、息がつまる。けれど体勢にムリがあるせいかいつもより刺激が物足りない。狂うほどの快感にならない。彼の動きを封じるようにわたしが座っているのだからムリもないのだけれど、あと少しのところで手が届かない快感がじれったい。
 彼が欲しい。彼が与えてくれるであろう快楽が欲しい。その激しさに声を上げたい。それはどうしようもなく自分の内側から沸き起こってくる欲望だった。
「美雪さんもっと腰を振って。これくらいね」
 もっと、という彼の言葉に、どうやら自分でも気付かないうちに腰を動かしていたらしいと気付くが、恥ずかしいと思う余裕はなかった。彼の両手が腰骨の辺りをつかみ、わたしを誘導する。それに従うようにわたしは卑猥に腰をくねらせた。
「こ、う……?」
 彼に導かれるままに、軽く腰を浮かせてから自分の体重を彼に打ち付けるように座りなおした。彼の肌がお尻にふれると同時に彼のものがずずっと掘り進んでくる。びくりと震える彼自身がわたしの内側を叩く。左右に腰を振りながら何度も彼の上で弾んで、自ら快感を汲み上げる。
「そう、いいよ。美雪さんすげーいい。やらしくて、最高」
 耳元に囁きかけながら、彼はわたしを抱きしめるようにしながら片手で胸を、もう片手で一番敏感な小さな芽を指先でくにくにと転がした。つるんとすべる指先に、目の前がくらむほどの快感が全身を流れる。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あけおめ&お言葉頂きましたーっ
2009年01月10日 (土)
あけましておめでとうございますーっ
って、元旦から何日過ぎてると思ってるの?って言われちゃいそうですが、十日まではまだ言ってもいいらしいので言っちゃいます。

みなさん!
昨年はプッシーキャットテイルにお越しくださいましてありがとうございました!
みなさんがぽちっと押してくださる「よかったよ♪」に、お言葉に、コメントに、にゃおはとっても喜ばせていただきました!
新しい一年もにゃおのこと可愛がってやってくださいな☆
どうぞよろしくお願いします!!

ということで新年一発目のお言葉ありがとうございました!
>snowさんへ
お久しぶりですっ!snowさんもお元気でなによりです☆
勿論にゃおは元気ですヨ☆
ユーキさんと千紗ちゃんも多分楽しくすごしてたんじゃないかなーって思います。そういうのを直接みなさんにお伝えできないのはとっても残念なんですが、二人はちょっと素敵なリゾートホテルでゆっくりしてきたらしいですよ♪
そんな千紗ちゃんの最近の悩みは、まだついうっかり「ユーキさん」っていう癖が抜けてないことと、葵さんがパーティのお誘いをよくくれることらしいです。葵さんはいい人だしユーキさんのお姉さんだから仲良くしたいけど、でも…って。

そして内緒のお話はいつでもお待ちしていますよーっ
にゃおには何にもできないですけれど、でも聞くことだけはできますからね。
それよりも今はお体大切に、です!早く元気になってくださいね


>よっぱさんへ
わーい、おめでとうございますーっ!今年もよろしくお願いしますーっ!
よっぱさんのお言葉は、ホント見守られてるんだぁってカンジなのです。
これからもよろしくですっ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花を召しませ 番外編~White HESH -38
2009年01月18日 (日)
「あっ、や……っ! あ、はぁっ、ん、くぅ……っ!」
 男と同じに、女も快感を求めている。それ自体は当たり前でも、ここまであからさまに表してもいいのだろうか。彼はわたしをどう思うだろう。どんな目で見るのだろう。そんな恐怖が脳裏をかすめても、次の瞬間には炎に降り掛けたわずかな水滴のように、じゅんと音を立ててあっけなく蒸発してしまう。
「美雪さん、いいよ、いい」
 荒い息を吐きかけながら、熱い舌がねっとりと首すじを舐め上げた。わたしの動きだけでは物足りないのか、彼が動き始める。後ろから回ってきた長い腕がヘビのように上半身に巻きつき、わたしの頼りない動きを補足するように大きく腰を弾ませる。
「シズく……気持ち、い……!」
 彼のものがビクビクと細かく震えながら擦り付けられる。ずんと突き刺さるような感覚に目がくらむ。ぐうっと膨らんだ彼のものに乱暴に掻き回されると息ができなくなる。痺れるような一瞬がそこまで来ているのがわかる。
「ん、もうイきそう? イっちゃいそう?」
「あ……イき、そ……」
 視界の端を不安定に揺れながら熱い渦が近づいてくる。あの渦に巻き込まれたい。何もわからなくなるほどの快感にすべてを忘れたい。気持ちよくなりたい。
「じゃあ、思いっきりイっちゃおっか」
 笑みを残した卑猥な囁きに反応する暇もなく、彼はわたしを抱きしめたまま椅子からすべるように降りた。自分がどうなっているのかもわからないうちに、ハートの形をしたピンクのタイルが敷き詰められた浴室の床に四つん這いにさせられる。彼の大きな手のひらががしりと腰をつかんで、そして。
「あっ、あ、あ、あああ……っ!」
 身体の奥を突き破って出てきそうなほどの激しさと、そのすぐ上の敏感な突起を攻める指先に、あっけないほど簡単にわたしは陥落した。
「あ、すげー締まる……」
 低くかすれた彼の声に、驚きと歓びが混じっているのを嬉しく思いながらも、わたしは自分の意志では自分の指一本さえ動かすことができなかった。すべてを彼にコントロールされ、与えられる快感を貪るだけだった。
「あ、あ……っ! あ、ん、くぅっ!」
 強いリズムで突きながら指先で優しく円を描かれると全身が震える。少し意地悪に指先でひねられて腕の力が抜けた。上半身がタイルの上に崩れ落ちた、土下座のような体勢のわたしに覆い被さった彼が、遠慮なく奥まで叩きつけてくる。連続して弾ける爆竹のような快感に声も出ない。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お言葉頂きましたっ
2009年01月18日 (日)
おはようございます、にゃおです☆
「花を」番外編の落としどころがちょっとわからなくなってきて困っています
だってシズくんやらしーんだもんっ!
でもそんなやらしいシズくんが大好きなので余計に困っています。
好き勝手にやらせてあげたいなーって思っちゃうの。だってシズくんは美雪さんが大好きだから、なかなか終わらせたくないんだなーってわかるし。
予想よりずいぶんとながながダラダラしちゃってますが、許して下さると嬉しいです☆


そしてお言葉頂きましたーっありがとうございます!

>シズくん&美雪さん大好き
わーい、ありがとうございます☆
にゃおもシズくんと美雪さん大好きですっ


>よっぱさんへ
あははは!とっても楽しいお言葉ありがとうございます!
ダーリンによると、にゃおは酔っ払うと意味不明なことを一所懸命に喋ってるらしいです。
「だからね、○○でしょ。だから○○だと思うの。ね、そうでしょ?ダーリンもそう思うでしょ?」
みたいな、ちょっと舌が回ってないカンジで
可愛いかめんどくさいか、微妙なラインらしいです
めんどくさいってなんだよーって一人で怒ってます

勿論今まで通り、えっちでフレンドリーなカンジで、今年もにゃおはがんばりますっ
これからもどうぞよろしく♪なのです!


>揺さんへ
シズくんの言葉責めは素敵ですよねーっ
こういうのがされたいって思われると嬉しいです。
基本的にはにゃおは自分の願望というか妄想を書いているので(^^;
なので、多分数少ないでしょうが、ぷっしーきゃっとに来てくれている男性はこういうのを真似っこするといいと思います!
相手の好みにもよりますけれど、結構効くんじゃないかなーって思うのですよ。

そして、先日は本当にありがとうございましたーっ!
とっても楽しかったです☆これからもどうぞよろしくです!!
あのとき言っていたのは[AD-IMG]ボディリンス『恋艶ベリー』です。お風呂が寒くてケアできない冬に、ってコンセプトの商品なので揺さん向きかもって思ったのですが!
今確認してみると売り切れてました…ごめんなさい…



本当にいつもありがとうございます!
みなさんのくださる優しいお言葉がにゃおが書きつづける糧になってるんだなぁって思うのですよ。正直、やっぱりちょっとイロイロと時間がなくて、それでも書けるのはみなさんのおかげだと思うのです。
なので、更新頻度も落ちまくってますが、温かく見守っていただけると嬉しいです
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花を召しませ 番外編~White HESH -39
2009年01月22日 (木)
「あ、あ……っ! や、また……イくぅ……!」
 びくりと震え天を仰ぐと視界にシャワーの粒に半分ほど隠れた鏡があった。そこに映っていたのは、理性を忘れた獣のような男女の姿だった。
 だらしなく開いた唇から恥ずかしくなるほど卑猥な喘ぎを漏らした女が、快楽にうつろに融けたまなざしをわたしに向けてきた。高く差し出したお尻を貫かれ身悶えながらも、腰を左右に振り男を誘う。煽られた男がさらに女を攻め、女は歓喜に震える。鏡の中で繰り広げられる痴態に目が離せなくなる。
「なに、美雪さん。自分が突っ込まれてるの見て興奮してる?」
 わたしの様子に気付いた彼が、荒い息のあいだから笑う。嘲笑うような声の響きに身体が熱くなる。恥ずかしいと思うのに、それ以上に気持ちいい。
「じゃあ、もっとよく見せてあげるよ」
 言葉が終わるか終わらないかのうちに、強い腕が両肩をつかんだ。そのまま力任せにわたしの上半身を引き起こすと、彼は大きく腰を振るった。
「あっ、く……んっ」
 後ろから強く突かれ、よろけながらも彼の両腕に導かれるまま鏡に向かって進んだ。二歩三歩と壁に近づくと、床を這っていたわたしの右手が持ち上げられた。
「さ、ここつかんで」
 言われるままに鏡の両脇に取り付けられていた金属製の手すりをつかんだ。腕で鏡をまたぎ覗き込む体勢になったわたしに彼がくすりと笑う。
「これでよく見えるようになったでしょ」
「や、あ……」
 彼の言葉に視線を鏡の中に向け、背後から犯されるわたしを間近で見た。
 見ると同時に見られている。その様子さえ見られている。快楽に浮かれ融かされ歓ぶ様を見つめながら、わたしも見られている。わたし自身に、そして彼に。混乱したループに入り込んだ思考は絶え間なく送り込まれる快楽に崩壊する。
「あっ、やっ! い、イく! イっちゃ……あああっ!」
「やば、俺、も……」
 切羽詰った彼の声と同時に、その動きがさらに激しくなる。振り回されそうなほどに突き上げられあまりの快感に声さえ出ない。
「う、く……ぅっ」
 彼がわたしの中でびくんと跳ねる。叩き回るようにめちゃくちゃに暴れる。その動きにこれ以上はないと思っていた高みのさらに上へと押し流される。もう自分がどんな姿をしているのか、なにを言っているのかわからない。気持ちよくて気持ちよくて、そして。
「あ、は……あ、あああ……っ!」
 快感に真っ白に焼け落ちて行く思考の片隅で、鏡に向かって倒れ込みそうになったわたしを、背中から回ってきた腕が強く抱き止めてくれたことだけがわかった。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花を召しませ 番外編~White HESH -40
2009年01月28日 (水)
「ん、んん……」
 三月の午後五時半は十二分に暗いけれど、だからと言って周囲の目をまったく気にせずに済むほどでもない。買い物帰り、仕事帰り、そんな人が行き交う時間帯だ。その中で助手席に覆い被さるようにしてキスをする男性の背中に気付く人はどれくらいの割合だろう。すぐに理解し目をそらす人もいれば、もっとよく見ようと車内を覗き込む人だっているかもしれない。鮮やかなエメラルドグリーンの可愛い軽自動車はそれでなくても目立つ。しかもその場所が自分が住むアパートの真ん前の道路となればならばなおさらだった。
 見た人の口が軽かったらどうなるか。周囲に立つうわさはどれくらいの速さで広まるのか。もしかしたらわたしのことを直接的に知る人に伝わってしまうかもしれない。そう考えても彼を押しのけられないのは、それ以上にわたしが彼を求めているからだろう。
「ん、ん……」
 小さく吐息を漏らしながら髪をかき分けていた繊細な指がゆっくりと首すじへ流れ、鎖骨のあいだのくぼみに心地よさげに収まったプチペンダントを弾いた。すうっと離れた唇が、親指の爪ほどのサイズの小さな銀色の四つ葉のクローバーを見て満足そうに微笑む。優しい目がわたしをじっと見て、そしてまた笑う。ワックスをつけていないせいで、セットしきれていない少しボサボサの髪が驚くほどに可愛くて、その笑顔に心臓が胸を突き破って出てくるんじゃないかと思う。
「ん、やっぱ似合う。美雪さん可愛い」
 可愛い。可愛い。
 ためらいもなく何度も繰り返される真っ直ぐな褒め言葉に、知らず頬に笑みが浮かぶ。自分がきれいな女じゃないことはわかっていても、褒められるのはやっぱり嬉しい。その相手が唯一の男性であれば、なおさら。
 彼にだけは可愛いと思われたい。可愛いと言われたい。その望みがすべて叶う、今が至福の瞬間。
「ありがとう、シズくん」
「どーいたしましてー」
 嬉しそうに何度も頷きながら、彼は二本の指の上にクローバーを乗せた。四枚の葉っぱのうちの一枚にピンクのハートを秘めたペンダントが彼の指で踊るように回る。
「でも、いいの? こんな高そうなもの……」
「いいのいいの。男は倍返し、が世間の常識ですから」
 わたしをからかうように軽い口調で彼は笑うけれど、自分が贈ったものを思い返せばこんなアクセサリーをもらうのはおかしい。
「え、でも……」
 三日遅れのバレンタインで彼に渡した手作りチョコは、ひどいの一言に尽きたからだ。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
花を召しませ 番外編~White HESH -終話
2009年01月31日 (土)
 それはつまみ出そうとした彼の指に抵抗し、変形しながらケースに残り、引き剥がす指にまとわりついた。中に入れたシリアルは完全にふやけ、噛めば噛むほど舌にねちょねちょとくっつく。湯せんでかたまりのチョコを溶かすときに牛乳を入れすぎたのが原因だった。チョコレートという表現をするのは申し訳ないような気味の悪い代物だ。あんなものを人にあげるなんて嫌がらせだ。
「でも、あれは、さー」
「美雪さんが俺のために作ってくれたんだ。嬉しかったに決まってんじゃん」
 わたしの語尾を遮るように彼は強い声で言う。
「美味しかったよ。チョコも、美雪さんも」
 真面目な顔のままわずかにいやらしい笑いを口元に浮かべて、そして彼は軽くキスをしてくれた。
「じゃあ、そろそろ。俺、もう行かないと」
 言いながら彼はゆっくりと身体を放した。
「今日はとっても楽しかった。ああいうデートもいいね。カバ、おかしかった」
「うん、そうね。おもしろかったね」
 今まで経験したことのなかった昼間のデートは新鮮だった。キリンに餌の木の枝を差し出してはしゃいでいた彼の姿は、普段の生活ではなかなか見ることができなかっただろう。動物園という場所は自然と誰もが子どもに帰ることができるのかもしれない。
「次は多分、間が空いちゃうと思うけど。でも、また電話するから」
「う、うん」
 少し言い辛そうに申し訳なさそうに目を伏せる彼に頷き返した。
 彼のこれからしばらくの仕事時間は過酷なものになるらしい。ホワイトディの、しかも金曜日をむりやり休んだせいなのだろうと想像はつく。名残惜しそうに髪を撫でてくれる仕草にずきんと胸が痛くなる。
「じゃあ、ね」
 曖昧な笑みを浮かべながら手を引いて、そのまま腰をひねるようにして彼は後部座席に上半身を伸ばした。そっと差し出されるわたしのバッグを受け取り、寂しげな彼の目に頷き返す。きっとわたしも、彼と同じような目をしているのだろうと思う。もう少し。あともう少しだけ。胸の内側で叫びながら彼の優しい表情を見つめた。
「うん、じゃあ、ね。またね」
「うん、また」
 同じような言葉を二人で交互に繰り返す。嫌がる腕をなだめながらいつもより重い車のドアを押し開け、アスファルトにパンプスを伸ばした。ドアを閉めてからゆっくりと振り返る。丸いヘッドライトが白く道を照らし出していた。
 ぶおんと響くエンジン音、白く吐き出される排気ガス。油の混じった嫌なにおいさえ愛しい。彼が好き。彼に関することが好き。嫌いなことさえ好き。なんのためらいもなくそう言い切れる。
「じゃあね、また」
 そして何よりも、白く照らし出されたその笑顔が、大好き。

 -おわり-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「WhiteHESH」終わりましたーっ♪
2009年01月31日 (土)
おはようございます、にゃおです☆
去年のホワイトディの話だった「花を召しませ バレンタイン番外編 White HESH」が一年近くをかけてようやく終わりました!更新頻度がものすごーく低くてお待たせしちゃってたみなさまにはホントにごめんなさいっ!

今回のお話は、タイトルどうり『白』にこだわってみました。
…にゃおにとってはね。みなさんがどう思ったのかはわからないですけれども。

ちなみにHESHとは鉄砲の玉の一種で、日本語訳すると「粘着榴弾」となります。
突き破るタイプの破壊じゃなくて、弾頭部分が装甲にぺとっと張り付いて内側に衝撃波を発生させて内部に破片を飛び散らせて攻撃する、というタイプの、ちょっと怖い弾です。
(詳しく知りたいって方は『粘着榴弾 - Wikipedia』へどうぞ☆)

この「内側から破壊」が、シズくんの酷いエッチにびっくりしながらもいっぱい気持ちよくなってしまった美雪さんのイメージで、だからこういうタイトルにしたのですが、みなさまには意味不明かもしれないなーって思います。
最初にタイトルつけると途中で「あれ?」って思っても変更できなくてホント困るんですよねー……

といことで今回のコンセプトは『シズくんが今までもしたいな~って密かに思いながらも「もしも美雪さんに嫌がられたら…!」って我慢していたのに、嫉妬の勢いでヒドいことする!』というものだったのです。なので、人目につくかもしれない場所での愛撫から、拘束、ローターにバイブとやりたい放題です☆
こういうのって、好きな人にはちょっとされたいかもってにゃおは思うのですよ。
大切にされている愛されていることが前提だから、少しくらいならヒドイことされてもいいって。だって、男の人ってそういう願望持ってる人が多いっていうし、だったら少しくらい…って。

ちなみににゃおのダーリンは手首の軽い拘束とかちょっとした言葉責めくらいはするのですけれど、それ以上のものすごいえすえむ系のことには興味がないらしいです。
ホッとしたような、ちょっと残念なような……

ついでにもうひとつ言うと、美雪さんの手作りチョコは、にゃおがダーリンに作った失敗チョコとまったく同じものです。こういうところにもにゃおの間抜けさは生かされてるんです。
小説っていうのはある意味芸人サンと一緒で、自分の経験を切り売りするようなものです。
……とほほ。


ともあれ、なんとか終わりました!
これでしばらくシズくん&美雪さんを書く予定はないのですけれど、きっとこれからもドキドキでらぶらぶでえっちな毎日をすごしていることでしょう。どんな生活してるのかなーって想像してにゃおもニコニコしたいと思いますっ☆
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お言葉頂きましたっ☆
2009年01月31日 (土)
おはようございます、にゃおです☆

こないだお話していたら、一緒にお仕事している人がこないだからちょっと太っちゃったらしくて、ものすごく気にしているってのを聞いて。
詳しく聞くと、やっぱり食べ過ぎちゃうってのが一番だそう。だから夜ご飯を減らしてるらしいんですが、でも寝る前にはお腹空いちゃって…って。
なので、前に試供品としていただいていた[AD-IMG]くずきなこを他の人に見つからないようにこっそり手渡し。
ついでにおっぱいの悩みとかも聞いて[AD-IMG]プエラリアサプリの一週間お試しサイズのお話をちょっとだけしてみたり。
やっぱりみんな悩んでるんだなーってしみじみ思いました。
でも相談できる相手がいない、相談するのが恥ずかしい。
セクシャルなことに関しては特にそうで、だからにゃおはLCラブコスメティックさんを知ることができてみなさんにご紹介できて、ホントによかったなって思います。にゃお自身の悩みもかなりの確立で解決されてますしね。
これからも橋渡し役として、少しでもお役に立てればいいなーって思います。


ええと、お言葉いただきましたっ!本当にありがとうございますっ!!
>リンさんへ
きゃーお久しぶりです!今年もどうぞよろしくですっ!
シズくんのエロエロさに喜んで頂けてるみたいで、とっても嬉しいです☆
ということで、こんな感じで完結しましたー。
どうでしたでしょうか?
物足りないって思われてないかなってドキドキですが、また気が向いたときにでもお言葉お聞かせくださると、嬉しいです♪


>揺さんへ
鏡の前の手すりは、ですね、鏡の前に限らずラブホテルのお風呂って結構あっちこっちに手すりというか、ちょっとつかむところがあるんですよ。介護用みたいだなーって思うこともあるのですけれど、逆に言えば、多少お体が不自由なかたでもラブホなら安心して泊まれるのかもしれないですよね☆
というのも、実はにゃおは片方が車椅子のカップルがホテルから出てくるのに遭遇したことがあるのです。そのとき、そりゃあ車椅子のかたでもえっちしたい気持ちがあってもおかしくないんだよなーって、当たり前のことを改めてしみじみ思ったのです。

シズくんのえっち直後の優しさは、にゃおの理想の男性像の具現化ですね♪
やっぱりおんなのこってそういうの敏感だしみんな見てるし、そうして欲しいって気持ちがいっぱいあると思うのですよ。えっちした直後に背を向けてぐーっなんてサイアクですものねっ!!

そしてぼさ頭のシズくんへのラブコールもありがとうございます!
にゃおも可愛いって思ったらすぐに頭なでなでしちゃうタイプなので、そのお気持ちはものすごーーくわかりますっ!
なでなですると男の人って照れたり邪険に跳ね除けたりしながらもちょっと笑ったりしません?ああいうのすごくかわいいなあって思います。ダーリンにもよく「いいこ、いいこ」って言いながらなでなでしちゃうのですよ☆


本当にいつもありがとうございます!
多分、しばらくお休みいただいちゃうかなーって思うのですが、また気が向いたときにでもお越しくださると、嬉しいです☆
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。