FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この指を伸ばす先-92
2009年05月08日 (金)

 ――あんなに違うのに、仲よさそうなんだよねー。不思議。
 内心で呟きながら残った湯を急須に注ぎ、前所属先から勝手に運ばれてきていた荷物の隅から発見した、お気に入りのマグカップにたっぷりとお茶を淹れる。
 ――どっちも、おんなじくらいヘンな人だけど。
 視線をディプレイに落としたまま軽く持ち上げた湯飲みに口を付けるしかめっ面に、小さく笑みをこぼしながら、理香は重くなったマグカップを両手で支えるように持ち上げた。
 ――それに、エッチだし。
 抵抗しているはずなのになぜか相手のペースに巻き込まれ、なし崩しにセックスに持ち込まれた経緯を思い出して、理香は内心で唇を尖らせた。
 不本意だったにも関わらず、二人に対して嫌悪感を抱かずにいる自分が不思議だった。二人は互いにそのことを知っているのか、そしてこの関係をどう思っているのかと眉を寄せながら、マグカップに唇をつけた。甘味の奥にわずかに漂う独特の苦味は、二番茶でも十二分に美味しい。
「で、も、ひ、まーっ!」
 静かに殺気立つ二人の雰囲気に全く入れないまま、なみなみと注いだマグカップいっぱいのお茶を飲み干して、理香は口の中で小さく叫んだ。
 ――だいたい、ここにいてもすることないんだよね。
 最初から断言していたことではあるが、資格も経験もなく、庶務課でのごく普通の事務仕事でさえ人並みにこなすのが精一杯の自分に、秘書としての業務ができるはずもない。それはそれで寂しいことではあったが、理香は内心できっぱりと断言していた。この二日間の中でそれでもまだかろうじて仕事らしいことをしたのは、亮治の会談に二度同席したことと、先ほどお茶を淹れたことくらいだ。しかも、会談に理香は全く必要はなく、亮治の気晴らしのためにと辱められただけだった。このような現状では理香でなくとも自分はここに不要な人間だと思ってもなんの不思議もない。
 ――それに、ここの仕事内容もまだ知らないし。
 それが『まだ』なのか、知らされる予定はこの先もないのか、それさえ理香にはわからない。
「あのー」
「はい?」
 おそるおそる声を出した理香に達也はにこやかに応え、亮治が黙ったまま目を上げる。亮治の反応にわずかに落胆を覚えながら、理香は曖昧な笑顔を浮かべた。
「あの、お腹空いたんで、なんか食べてきていいですか?」

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この指を伸ばす先-93
2009年05月18日 (月)
「ああいう言い方、することないじゃないのよー!」
 昼三時に近づいたビジネス街を駅に向かって足音高く歩きながら、しかめっ面で理香は独り言を続けていた。
「そりゃあたしはなんにもできないけどさ、でも、だからってだからって!」
 ――じゃあ、今日はもう帰っていいぞ。おまえにできることはない。
 めんどくさそうに一瞬だけディスプレイから顔を上げた亮治を思い出して、理香はきゅっと下唇を噛んだ。
「なんなの、あの言い方あの態度っ。まったく、自分を何様だと思ってるのよ!」
 とは言え、亮治は昔からそうだった。外向きの紳士的な態度の反動のように理香にはぶっきらぼうで素っ気ない。それが理香に心を許した証だと理解はしていても、文句の一つも言いたくなる。愛想笑いしろとまでは言わないが、言葉にもう少し気を使ってくれてもいいはずだと理香は頬を膨らませた。
 あー、気分悪っ!
 このまま家に帰っても一人でこの気分を抱え続けるだけだ。料理を作るのがあまり得意ではないこともあって、部屋の冷蔵庫の中身は乏しい。買い置きのレトルト食品では虚しいと、理香は改札口に向かっていたかかとをぴたりと止めた。普段はあまり行くことのない、駅に隣接したデパートの入り口とその左右に広がるように立ち並ぶ飲食店へとパンプスのつま先を向ける。雑誌と友人から仕入れた店の評価を頭の中に並べながら、楽しげな足取りで歩を進めた。
「パスタもいいし、点心もおいしそうだし、和定食も捨てがたい。んー、迷うなー」
 昼食時が過ぎ店内は空いているが、不規則な就業時間で働く人たちに合わせて長くなったランチタイムには充分間に合う。混雑必至の超有名店にも並ばずに入れるからと、これくらいの時間に昼食を遅らせる人もいるくらいだ。
「でもここはやっぱりちょっと……高い、なー」
 有名産地から取り寄せた高級食材がウリのイタリア料理店の前で理香は立ち止まった。
 夜は予約でコースのみという、本場で修業してきたと三ツ星シェフが腕を振るう本店に比べれば、駅地下の姉妹店は基本の価格設定が安く本店と同じ素材を使ったメニュがあってお得なのだと食べ歩きが趣味の友人から聞いてはいたが、それでもパスタにサラダとドリンクを付ければ二千円を越える。おいしいのは間違いなくおいしいだろうが一人ランチでこの値段はちょっと、と理香は顔をしかめた。自分の財布の中身を考え、やっぱりコンビニで適当に何かを買って部屋に帰ろうかと溜息をついた肩を、後ろから伸びてきた手が軽くぽんと叩いた。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お言葉頂きました☆
2009年05月18日 (月)
おはようございます、にゃおです☆
ここ数日急にあったかくなったり、また寒くなっちゃったり、あとは新型インフルエンザが流行しちゃったりとかで、いろいろと心騒がしいですよね。
みなさんはお元気ですか?
にゃおはですね、こんなときになんですが、久しぶりにラブコスメの新製品を注文してちょっとウキウキしてるのです。また詳しいご報告できたらいいなって思うのですが、とりあえず[AD-IMG]ナデテ ホワイトローズはすごくいいですよーっ

お言葉いただきました!
今回、システムを新しくしたのでちょっとチェックが甘くて、そのせいでお返事が遅くなっちゃいました。ごめんなさい!!
これからちゃーんとチェックしますので、またお気軽に一言送ってくださると、とっても嬉しいです☆

>揺さん
いつもお言葉ありがとうございます!
にゃおはなんか「自分の仕事!」にこだわっちゃうところがあるので、理香さんの気持ちはちょっとわかったりします。
ひまーってつらいんですよねー。

お昼ご飯はやっぱりちゃんと食べないと!ですよね☆
にゃおはお昼はたまーに抜く、というか時間がなくて食べられないこともあるのですけれど、でもやっぱりしっかり食べないとね!
ちなみに今日は吉野家の牛丼(並)にタマゴ付けました。
本当はおみそ汁にお漬物も欲しかったんですけどね。
そういうののせいか、にゃおは大食いとか言われてます(^^;


>ところで、作中に出てくる車にモデルはあるのでしょうか?
>マスカレイドでも、White HESHでも丸くて緑色の車という表現がされていましたが同じ車を指しているのでしょうか?


はじめましてです!お言葉ありがとうございます!
ぷっしーきゃっとを楽しんでいただけてるみたいで、嬉しいです☆

えーと、車のことですが、シズくんのはお友だちの彼女さんがしばらく乗っていたのを譲ってもらったということなので、5年前か、もしくはもうちょっと古い型です。色はものすっごく鮮やかなエメラルドグリーン。
対して、藤元先生の車は淡い色合いのエメラルドグリーンで、新車なのです。

シズくんの車と藤元先生の車が似たような色なのはホントに偶然で、自分でも確認してびっくりしたくらいです。
多分、そういうのがにゃおの好みなんでしょうね。
かっこいい男の人が可愛い車に乗っているっていう可愛さが素敵なんですよーっ!


なかなかうまく更新できずにいますが、これからもどうぞよろしくお願いします!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
マスカレイド2-36
2009年05月23日 (土)
「飲むか?」
 普段は論外として、えっちのさいちゅうもクールな雰囲気を崩さない先生の態度がやわらかくなる瞬間がある。それはえっちが終わったあと。
 終わったといってもホントに終わって帰る直前とかはキスくらいはしてくれるけど、それほど優しいわけでもないから、二回目するまでのちょっとした休憩時間のあいだが、って表現のほうがより正しいかも。もう帰っちゃうつもりだったら、さっさと乱れた服を直してエンジンを掛けちゃうと思う。
 先生があたしを必要とするのは女子高生としてのあたしであって、素のあたし自身じゃない。だから制服を着ていないときは見向きもしてくれない。藤元先生は佐上先生を女子高生フェチでロリコンだって言ってたけど、もしかしたらホントにそうなのかも。変態さんなのかも。それがわかっていても、お茶のペットボトルを軽く振って見せる素敵な笑みに、頭の中にぽわんと熱が生まれる。
「あ、はい。飲みます」
 頷いて手を差し出したけれど、それよりも早く先生はペットボトルに口をつけた。えっと思う暇もなく抱き寄せられて唇を塞がれる。ぴったりと合わさった唇のあいだから冷たいお茶が流れ込む。
「ん、ん……」
 あたしの一番好きな、はとむぎに玄米に緑茶にプーアル茶に、えーと、あとなんだっけ、なんかそういうのがたくさん入ってるお茶が先生の唇からゆっくり流れ込んでくる。それにあわせて一口ずつゆっくり飲み込む。四口目は体温っぽくぬるくなって、しかもちょっとトロッとしてて、先生以外の人からなら絶対に飲めないような味だったけど。
「おいしかったぁ」
「そうか」
 すうっと離れる唇を見つめながら言うと、先生は頷きながらくしゃっと頭を撫でてくれる。なんだかホントに愛されているような気分になってしまう。
「センセ、これ、あたしが一番好きなお茶。知ってた?」
「いいや」
「なーんだ」
 偶然かってぷうっと頬を膨らませたあたしに、先生はちょっと苦笑しながら指先で髪を梳いてくれた。白くて細い指が、ちょっともつれてたあたしの髪のあいだにすうっと入ってくる。職員室で自分の席に座ってるときのクールで物憂げな表情も、えっちのときの背筋がゾクゾクするような表情も、こういうときの穏やかな笑顔も、全部好き。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
マスカレイド2-37
2009年05月30日 (土)
 あたしがこんなに想っててても、先生はそうじゃない。あたしのことをそんなふうに見てくれてない。先生は好きに遊べるオモチャとしてあたしを求めてくれるだけ。
 ネガティブだとわかってはいても、でもどうしても考えてしまう。後ろ向きの自分の考えに唇を尖らせながら、先生の少し乱れたシャツの胸に頬っぺたをくっつけた。薄い布越しの先生の体温と耳に響く心音にそっと目を閉じる。
 イマドキじゃないダサイのが先生は好きだから、スカート丈を短くしたらダメ。お化粧も茶髪もダメで、巻き髪なんて論外。あり得ないとは思うけど、もしも急に胸がおっきくなったりしたら、先生の好みじゃなくなっちゃうから絶対にダメ。
 だからきっと、卒業する前にえっちな関係は終わっちゃう。女子高生じゃなくなったあたしを先生は捨てる。それはもう、始まったときみたいに嘘みたいに鮮やかにあっさりと背中を向ける。それがわかっていても、あたしは今の位置から動くことができない。
 もしかしたら、今までにもあたしみたいなコがいるのかも。佐上先生の秘密のペットになって、そして高校卒業と同時に終わって、でもそのコたちもみんなきっと佐上先生が大好きだから、誰にも言わずに黙って、永遠に黙って。
 ――だったらせめて、もっと早く、先生とえっちしたかったな。
「ね、せんせ」
「どうした」
 ――今年、卒業しなきゃなんない、なんて。
「ね、もう一回、して?」
 上を向いて唇を尖らせてキスをねだるように言うと、先生はふっと目を細めてからゆっくりと顔を下ろしてきた。すうっと伸びた鼻梁にかかる前髪があたしの目元に当たる。目を閉じたのが合図だったかのように、先生のやわらかな唇があたしにふれる。
「ん、……んっ」
 舌先があたしの下唇の淵をすうっとなぞる。そのままするりと内側に入り込んでくる。歯の付け根を舌先でちろちろとくすぐって、そして舌を絡ませてくる。
 さっきのは、もう一口飲ませてって意味だったんだけど、な。
 頭の片隅で苦笑しながら、でも先生のキスを受け入れる。
 だって、違うなんて言えない。やめてなんて言えない。お茶なんかより先生が欲しい。先生に愛されたい。
 もっと。もっともっと、もっと……っ。
 先生の背中に手を回してぎゅっと抱きついて、キスを受け入れる。熱く脈打つ先生を受け入れる――。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ラブコスメ試してみました☆
2009年05月30日 (土)
おはようございます、にゃおです☆
お久しぶりーっのラブコスメ体験談!を書いてみようと思います!

ここしばらくは安心安全リピート品をずーっと買ってたのですが、やっぱりイロイロ気になるなーってことで、新商品・期間限定商品をメインにあれこれ買ってみました♪
限定品は売り切れちゃうことも結構あるので、これから買おうかなって思ってらっしゃるかたの参考にはまったくならないとは思うのですけれど、まあそのあたりは気楽に気楽に。
限定品も評判がものすごくいいとまた出たりすることもよくありますし、そのときに「あ、そういえば前ににゃおが言ってたな」って思い出していただけると嬉しいです☆

ということで、「これいいな!」ってにゃおが思ったものーです♪

[AD-IMG]ジャムウ・ハーバルロール[AD-IMG]ボディパウダー
にゃおのリピート品リストに随分前から入っているジャムウですが、j今回は汗をかく夏に向けての商品をイロイロ買ってみました
夏に制汗剤スプレーを使う人って多いですよね。というより、使わなくっても全然平気!って人の方が珍しいんじゃないかしら。
健康的に過ごせば過ごすほど、どうしても汗かいちゃいます。身体を動かすのって素敵なんだけど服に残る汗染みとあのにおいだけはちょっと…が悩みのにゃおにとってこの新製品は試さずにいられなかったのです☆
結果。いいですよーっ!
ということで、にゃおと同じように汗のにおいが気になって…って人はちょっと試してみるのもいいかもしれないです☆

[AD-IMG]ネムリヒメ
にゃおもお年頃。そーろそろ目じりのしわが気になるのです。
男の人が笑ったときのしわはちょっと可愛いですけれど、やっぱりね、女の子だからね、できればちょっと……ということで、今回「お肌のゴールデンタイム」に惹かれて買っちゃいました!
ちょっと小振りかなってサイズだったけれど、ふたを開けるともう入れ物のフチぎりっぎりにまでとろりジェルが入ってて、蓋にもいっぱいついてて、ちょっと笑っちゃいました。蓋についた分で二回くらい塗れました。
今まで朝晩使ってたプエラリアジェルもしっとりもっちり肌になりますけれど、それよりも強力これはかなり、いいです!

[AD-IMG]キス専用タブレット『ペロペロ ラブリーミント』
これはね、試供品で入ってて、まあ試しに…ってちょっと食べてみたんですが、とっても好みの味だったので買っちゃいました☆甘すぎずふわーっとイイにおい


もう売り切れちゃった商品でよかったなーって思ったのは、
[AD-IMG]ナデテナイト・ホワイトローズ[AD-IMG]ヌレヌレ・ピンクシトラスキッス、それに[AD-IMG]シャイニング・ラブソルトです。
特に、ヌレヌレが色つきだとホントに便利です。普段からノーメイクなにゃおはそれ一本でメイク完了な気分でした。これからもコンスタントに売って欲しいなー。


こんなカンジです。
いつまでもダーリンにかわいいって言ってもらえるように、これからも素肌ケアでしっとりお肌をどこまでも目指していきたいなって思います☆
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。