FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この指を伸ばす先-99
2009年09月13日 (日)
「いや……あっ」
 全体重をかけるように荒っぽくベッドに叩きつけられ怯える理香を、高瀬の指先は優しく弄んだ。両手でやわらかく胸を揉み、尖り始めた乳首に親指の腹を擦り付ける。そっと摘み上げ指先でこねる。左右、そしてまた左と交互にキスをし、唇で挟み込むように刺激する。執拗な胸への愛撫に理香は知らず息を漏らし、身体をくねらせた。
 なんで……なんで、こんなに感じる……の?
 その一連の行為はごくごくありふれたものだった。特別な何かをしたわけではない。なのに指先で軽くなぞられただけで痺れるほどの快感が溢れる。もっとも感じる場所のみをさわられているかのように感じる。
 すごい、この人……、すごく上手……。
「あ、はぁっ」
 きゅっと指先でひねられ、理香はのどをそらして喘いだ。身体の奥の奥が蠢きじわりと熱を帯びる。とろりと露が滲む。知らずふとももを擦り合わせるように腰をくねらせる理香に高瀬がくすりと笑った。
「おっぱい、感じやすいんだね」
「やぁ、そんなこと……ぁ、きゃぁんっ」
 音を立てて強く乳首を吸い上げられ理香は悲鳴に近い声を上げた。舌先で乱暴にこねられ歯を軽く食い込まされ、鋭い快感が走る。わずかな痛みが隠し味のように利いて、自分がどんな状況にあるのかさえわからなくなる。
「気持ちよさそうだね。どうする? おっぱいだけでイっちゃう?」
「や、や、ぁ……」
 あ、でも、すごく気持ちいい……。
 高瀬の言葉を否定するように首を振りながら、けれど理香はその前兆を感じていた。
 ホントに、胸だけでイっちゃいそう……?
 今まで経験したことのない快感への好奇心が理香の中で芽生え、そして急激に育って行った。胸への愛撫だけでイくという憧れが常識を吹き飛ばす。強く目を瞑り、いつのまにか理香は全力で快感を追っていた。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お言葉いただきました♪
2009年09月13日 (日)
おはようございます、にゃおです☆
こないだは中途半端でごめんなさいでしたっ

次の日くらいにはきちんと書き直せるだろうなって思ってたんですが、あれよあれよというまに妙にお仕事が忙しくなってしまって、結局一週間近く経ってしまいました。
ごめんなさい!

ダーリンが部屋にいると『何してんのーっ』って言いながらディスプレイ覗き込んで来ちゃうものだから、おちおち書けなくなっちゃうんですよね。内緒なので。
ダーリンのかまって光線を無視しちゃえばいいんだけど、でも一緒に暮らしてて毎日顔を合わせるっても、朝の三十分と夜の三時間くらいなんですよね。そういうのって寂しいなあってもっと長時間一緒にいたいなぁってつねづね思ってるので、だから日曜の朝にダーリンからベタベタしてくれるのも実は嬉しいにゃおでした。えへっ☆



お言葉頂きました!いつもありがとうございます!
>snowさん
毎日起こしいただいてるのですか!それはもうなんと言うか申し訳ない限りです。

台風!
そう言えばこないだありましたねーっ。首都圏では大変なことになってましたよね。
風邪引かないようにお風呂ぬくぬくしてください☆

ついこないだまで暑くてシャワーで済ましてたのですが、お風呂に浸かって温まるのが気持ちいい季節になりましたよねー。
にゃおがお世話になっている整骨院のセンセイも「ホントは夏でもお湯であったまるのがいいんですよ」って言ってらっしゃるのですね。
クーラーは気持ちいいけど身体に悪いんですって。
秋バテにも気をつけて元気に食欲の秋芸術の秋、そして読書の秋を満喫したいですね。
にゃおも読書の秋のお手伝いができるくらいバリバリ書きたいですっ



>揺さん
うふふふ、そうですね、噂はホントだったんですね!
理香ちゃん抵抗力弱いからなー……でもそこがとっても可愛いんですが!
ゆっくりじっくり愉しく見守っていただけると、とっても嬉しいです☆

「この指」はどっちかというとストーリーよりも三人称でのえっち描写をメインにしてるので、ちょっと生々しくて好き嫌いが別れるかもしれませんが、お好きな方には愉しんでいただけるようにガンバリマス!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この指を伸ばす先-100
2009年09月26日 (土)
「いいね、今西くん。きれいだよ」
 理香の状態に気付いた高瀬は小さく笑いながら唇と舌をフル動員した。変形するほど力を入れて乳首をつまんでから優しく舌先で舐め上げて軽くキスをし、ちゅっと強く吸い上げる。刺激に強弱の波をつけて繰り返し快感を送り込む。
「んあっ! ぁ、んん……っ!」
 痛みに悲鳴を上げた直後の快感に理香はシーツに髪を振り乱して悶えた。高瀬に翻弄され続け、小刻みに肌が震える。無意識のうちに腹部を突き出し、腰をくねらせる。ぎゅっと強く瞑った目じりに涙を浮かべ、そして理香は焦がれた快感に声を上げた。
「あっ……や、ぁ……い、くぅ……っ」
 驚きと悦びのこもった理香の言葉に、高瀬は息を吐き出すようにふっと笑う。汗で額に張り付いた理香の前髪を指先でかきわけながら高瀬は満足げに頷いた。
 うそ……ホントに、胸だけでイったよぉ……。
 まぶたの裏に散った火花に奇妙な満足感を覚えながら、理香はゆっくりと目を上げた。自分の内側が絶頂の余韻にヒクヒクと動くのがわかる。十二分すぎる胸への愛撫で今すぐ男性を受け入れられるほどに潤っていた。胸だけではなく、もっと深く激しい快感を理香は無意識に求めていた。純粋な欲望に理性が勝てるはずもない。自分がどう言う状況でどう言う相手といるのか、それさえも今の理香にとっては些細な問題だった。
「ね、ねぇ……」
「ん?」
 優しく笑う高瀬の視線の底に熱い欲望が漂っているのを意識しながら、理香はシーツに落ちていた手を身体へと引き戻し、そのまま自分に覆い被さるシャツへと巻きつけた。抱きつくように腰に腕を回し、シャツをスラックスから引っ張り出す。さりげない仕草で体重移動をして服を脱がせる理香に協力しながら、高瀬はベルトのバックルを外した。カチャリと鳴った小さな金属音に理香が一瞬動きを止める。その反応に小さく笑いながら腰に置かれた手を取り、ジッパーに押し当てる。
「出して、握って」
 愛を囁くように耳にキスをしながら、理香の指に重ねるように自分でもジッパーをつまみゆっくりと下ろした。Vの字に空いた隙間に表れた派手なトランクスは内側から突き上がるものでイビツに膨らんでいた。そこに理香の手のひらを強く押し当て、高瀬はもう一度耳にキスをした。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。