FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
マスカレイド2-47
2009年12月05日 (土)
「ホントに気にしてくれてたのかなぁ……」
 だったら昨日のうちに電話くらいしてくれてもいいのにとか、もう午前中の講習は終わってる時間なんだから今だって掛けてこられるはずなのにとか、自分にとって都合のいいことだけ考えながらドーナッツの箱に手を入れて、指先に当たったのを適当に引っ張り出した。
 このお店、ピークはもう過ぎたみたいだけど、でも今でも並ばないと買えないんだって。パパも並んだのかな? 確かにふかふかしてやわらかくて美味しいのは美味しいけど、でも普通だよね、並ぶほどじゃないよねって思っちゃう。
「話題って怖いなぁ」
 噂とノリだけでみんな行っちゃうんだなー。
 残りを口に放り込んで荒っぽく噛み砕いて、ジュースで流し込んだ。
 ――どうしよう。
 空っぽになったジュースのパックをゴミ箱に放り込んでから、頬杖をついてベランダに視線を向けた。ぱたぱたとはためく洗濯物が幸せそうで楽しそうで、なんとなく腹が立ってくる。
 今日ガッコに行ったら、間違いなく藤元先生と会っちゃう。だって直行するのは準備室だし、あそこは先生たちの部屋みたいなもんだし。もし佐上先生がいても、藤元先生なら全然気にしないで昨日みたいにいろいろと訊いてきそう。藤元先生があれこれ訊いてきてても佐上先生は思いっきり知らん顔なんだろうなって思うと、ちょっと落ち込みそう。
 けど、昨日みたいに厚意百パーセントの真っ直ぐな目で見られたら、あたしはどこまでしゃべっちゃうのかな。全部言っちゃうんだろうか。先生はどんな顔をするかな。かわいそうにって顔をされたらどうしよう。あたし、別に自分のことかわいそうとか思ってないし、だからそう思って欲しいわけじゃないし。でもじゃあどう思って欲しいかって、そういうのもないんだけど。
「――なんで」
 なんであたしは、藤元先生のことばっかり気にしてるの? あたしが好きなのは佐上先生なのに。藤元先生じゃないのに。
 佐上先生は、あたしが何を考えていようと何をしてようと、全然気にしてくれないから? 藤元先生はいろいろと気に掛けてくれるから? ご飯買ってくれたり話を聞いてくれたりするから? えっちのときに名前を呼んでくれたりするから?
 あたしはホントは誰が好きなの?
「あたしは、佐上先生が好きなのっ」

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
マスカレイド2-48
2009年12月11日 (金)
 思わず声に出して叫んでしまってから、そんな自分にびっくりする。
 ムキになるのは、やましいから。心当たりがあるから。自分でもわかってるから。嘘ついてるから。
 あたしは嘘をついてる……の?
「うそ、なんか……ついてない!」
 ぎゅっと握りしめた手のひらに爪が食い込んでくる。爪は短く切ってあるから痛いってほどじゃない。そおっと広げた手の先の、子どもみたいな爪。一応やすりとペーパーで整えてはいるけど、でもやっぱり子どもみたい。先生はそれがいいんだって言ってくれるけど、チカちゃんのいつもキレイな指を見ると羨ましい。あたしもあんなふうにしてみたいなって思ったことは何度もあるけど、でもチカちゃんがさらっと口にした金額にあたしはあっさり撃沈した。
 だって、三色使いのジェルネイルで一万円、スカルプチャならプラス三千円、それにスワロフスキー乗せてお花乗せてっていろいろしたら二万円だって! でもそのネイルサロンは会員制だから、一週間以内に飾りが落ちたり欠けたりしたら直してもらうのは無料で、あたしはしたことないし相場とかも知らないからすっごく高いって思ったけど、でもこれだけ乗せてこの値段って、他のサロンとかと比べると安いんだって。
「春奈もしてみたいってんなら紹介してあげるよ。ビジターの値段はもうちょっと高いけど、でもあたしが口を利いてあげるから」
 昨日行ったばっかりっていうキラキラした指先を見せびらかすように頬っぺたに手を当ててチカちゃんは笑ったけど、その言葉に裏も表もないのはわかってたけど、でもパパが会社役員のチカちゃんとあたしじゃ金銭感覚が全然違うんだなってこともちゃんとわかった。
 子どもっぽいあたしには似合わなそうだしいいよって断っても、春奈は元は悪くないんだからもっといろいろお洒落しなよって、超上から目線だったけど、でもチカちゃんは優しくそう言ってくれた。お化粧も教えてあげるよって言ってくれた。チカちゃんに悪気なんか一ミリもないんだと思う。チカちゃんがカラオケ奢ってくれたりするのも、お小遣いがもうないから今日はちょっと、って誰か一人でも帰っちゃうとつまんないから。お嬢さま気取りもあたしはセレブだからって言葉も冗談で、ホントはそんなこと全然思ってなくて、みんなの後ろめたさとか気後れをごまかして明るく楽しくするため。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お言葉頂きました☆
2009年12月11日 (金)
おはようございます、にゃおです☆
昨日から降り続く雨でじっとりしてます。
雨はねー、キライじゃないんだけど、でもお洗濯とかお布団干したりとかできないのがかなしいです。
にゃおはお布団干しとシーツ洗うのが大好きなのです!
ふっかふかのお布団って幸せですよねー。


お言葉いただきました!ありがとうございます!

>揺さん
うふふふふ、愉しんでいただけてるようで、とっても嬉しいです!
ホント高瀬さんってエロエロですよねーっ
確かに、あれくらい濃ゆく弄ばれるのならば、にゃおも一度体験してみたいものです。

揺さんも毎日お忙しいようですね。
これから寒さも本番になってくるでしょうし、ムリなさらないでくださいね。




>マスカレイドきたー!!
はい、楽しみにしてくださってありがとうございます☆
年齢のことはね、大っぴらに言うとちょっとまずいかなって程度ですので、小声にしときましょ(笑)。実際には18歳以下の読者さんも結構いらっしゃるんだろうなって、にゃおも薄々はわかっていますし。
でもそれは、聞こえなかったフリ、覚えてないフリ。それでいいですよね。真っ正直だけがいいことでもないですしね♪

マスカレイドは、春奈ちゃんの家庭環境のこともあって暗いカンジになっちゃってはいますが、でも春奈ちゃんは投げ出さずにちゃんと現状に向き合っているのでご安心くださいね☆
これからも愉しんでいただけるように、がんばります!



>昨日みたいに厚意百パーセントの
>のところ、好意、ですかね?

突っ込みありがとうございます!
ふふふ、あなたモノカキさんですね?

ここはにゃおも悩んだところなんですが
 厚意:思いやりのある心。他人が自分に示してくれた気持ち。温情。
 好意:その人にいだく親しみや好ましく思う気持ち。愛情表現としても用いられる。
と言うことですので、どっちでもいいかなぁとも思いつつ、でも春奈ちゃんは藤元先生が自分を気に掛けてくれるのは「担任教師として」あるいは「えっちしちゃった責任感&罪悪感」と考えてるので、ここは敢えて「厚意」で。
読者さんで藤元先生が春奈ちゃんのことを一生徒としてしか見てないって思っている人はほどんどいないんじゃないかなと思うのですが、実は春奈ちゃんもなんとなく気付いているのですが、でも春奈ちゃんは佐上先生が好きなので、藤元先生の感情に流されないように気付かないフリなのです。
気付いちゃうとね、やっぱり気になるから。


ということで、お言葉ありがとうございました!
ちょっと更新のあいだが開いちゃってゴメンなさい。
実は新作の用意をしていて、そっち夢中になっちゃってて……
どんなのかなーって楽しみにしていただけるように、そして愉しんでいただけるように、にゃおもガンバリマス!!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
マスカレイド2-49
2009年12月18日 (金)
 だからチカちゃんはみんなに慕われてる。チカちゃんの周囲にはたくさんの友だちがいる。それはチカちゃんがお金を持っているからってことだけじゃなくって、チカちゃん自身がみんなを好きで、みんなもチカちゃんを好きだから。
「そんなことわかってるけど」
 でもチカちゃんは、あたしみたいにチラシ見たり半額シールに惹かれたりなんかしないんだろうな。外でご飯頼むときに『今だけ五十円引き』とかって言葉に釣られて特に好きでもないメニュを選んだりしないんだろうな。そんなことをつい考えてしまう。
 ママがくれるお小遣いを使ったら、あたしにだってちょっとくらいは贅沢できるけど。でも多分というかきっと、あたしはチカちゃんみたいにはなれない。お金がどうとかって問題じゃない。
「もう、なんだかなーっ」
 人のこと羨ましがってばっかりでひがんでばっかりで、あたしってホントに……。
「さいてー」
 立てひざのまま腕を組んで顔を伏せて目を閉じて、息を詰める。そうやってどれくらい落ち込んでたのかわからなくなってきた頃、ぴんぽーんと天井に音が響いた。のろくさと顔を上げて冷蔵庫脇の壁に引っ付いたインターホンに目を向けると、通話ボタンが赤く光っていた。ここからじゃ遠くて見えないけど、五センチ角の小さな液晶画面には誰かが映ってるはず。
「んもぅ、だれぇ?」
 めんどくさいなーと思いながら大きく息を吐いたのがわかったように、間抜けな音はぴんぽーんともう一度大きく鳴った。居留守は通じないかな。宅配便かなんかかな。顔合わせずに帰ったし、ママがなんか送ってきてくれたのかも。
「よっこいしょ、っと」
 それでもめんどくさい気持ちは消えないまま立ち上がった。じっとしてた時間が長かったのか、足首がちょっとビリビリする。足の裏もザラザラだし、そう言えばしばらく掃除してないかも。あとでしよう。
「はーい。どなたですかー、って、えええっ?」
 映りの悪い小さな画面からこっちを見てたのは、見覚えのある人。とってもよく知ってる人。
「あ、せ、せんせっ?」
「おう」
 ぶすっとした表情で、それでもちょっと落ちつかなげに周囲にちらちらと目を向けながら、藤元先生は低く唸るように言った。
「春奈、ここ開けろ」
 え、あ……、でも……。
「腹が減った。メシ食うぞ」

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
マスカレイド2-50
2009年12月27日 (日)
「こ、こんにち、わ」
 シャワー浴びてからバスタオル一枚でダラダラしてたそのままの格好で出るわけにはさすがにいかないし、先生がエントランスから玄関に辿り着くであろう時間のあいだに慌てて部屋着のキャミソールワンピを着た。急いだせいかムダに汗をかきながら玄関ドアを開けたあたしに、藤元先生はむすっとした顔のまま頷いた。聞こえるか聞こえないかギリギリくらいの小さな声でほらって言って、右手のコンビニの袋を差し出してくる。ずしっと腕にくる大きなサイズを受け取って上から覗き込むと、いくつか重なったお弁当のあいだからにょきっと頭を突き出しているソーダが見えた。あたしの大好きな、チョコのかかったミルククッキーの袋もあった。
「えと、どうぞ。その……散らかってますけど」
 なんとなく居心地悪い気分でそう言って、袋を下げてリビングへ戻る。短い廊下をペタペタ歩く。あれ、ついてこないなって振り返ると、まだ先生はそこに立ちつくしてた。
「どしたの、せんせ」
「あ、う、いや……」
 勝手にきて開けろって言った割には困ったような顔で頷くと、先生はもそもそとサンダルを脱いだ。リビングをぐるりと見回す態度がおかしくて笑ってしまう。
「せんせ、こっち」
 言いながらテーブルに寄って、広告の束をよけて袋の中身を出して行く。
 唐揚げ弁当、ツナとトマトのサンドウィッチ、ハムチーズカツサンド、冷やし中華のサラダ風、シャケといくらのおにぎり、ハーフパックの牛乳とレモンのソーダ。そしてニューヨークチーズケーキとプリンサンデー。あとはミルククッキーとポテチ。一個ずつテーブルに並べながら、これって誰が食べるの何人で食べるのって量だなぁってあきれてしまう。いつも同じ店で買ってるのかな。だったらきっと顔覚えられてるんだろうな。先生のお給料がどれくらいか知らないけど、でもこれだけ毎日食べれば食費だってバカにならないだろうなー。
「お弁当あっためる?」
「えっ? ああ、そうだな。頼む」
 きょろきょろと言うほどではないけど、落ちつかなげな視線をあっちこっちに向けていた先生は、ぐぎっと音がしそうな勢いで首を九十度振って戻して、そしてあたしを見て頷いた。
「はーい、ちょっと待ってね」
 頷き返してお弁当だけを持ってカウンターで仕切られた台所へ。レンジで一分。あっためるだけだったらあたしにだってできる。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お言葉頂きました☆
2009年12月27日 (日)
おはようございます、にゃおです。
みなさんはクリスマスいかがお過ごしでしたか?
次の日が土曜日だから、25日に改めてってと言う人も多かったみたい。
もちろん当日頑張って時間をあわせて彼氏さんとらぶらぶラブホでデートって方も……あー、羨ましい!!

ちなみににゃおは8時まで仕事してました。
そんでフツーに晩御飯食べました。でも一応それっぽく、スパークリングワインと生ハムとアボカドの生春巻きだけは用意しました。
あー、どっか行きたいーっ時間を忘れて遊びたいーっ

ちょっとストレスのたまっている今日この頃です☆


あ、そうそう。
限定復活した[AD-IMG]キリンのまつげですが。
すごいですよ!!
「下まつげにマスカラ塗るのは絶対ムリ!」って思ってたにゃおがよゆーで下まつげにマスカラ塗れるようになりました。もちろん上のまつげもふわっと感アップで長くなりましたし。
限定じゃなくって定番で置いてくれればいいのにー。仕方ないから今度買うときまとめて注文しようっと。



さてさて、お言葉頂いてましたーっ
ありがとうございます!
>藤元先生もしや…とは思ってたけど、実際にそういう展開になるとドキドキしますね!
えへへへ。ありがとうございます!
展開は特に奇をてらっているわけでもないのですが、そう仰っていただけると嬉しいですね♪
でもホントはにゃおが考えてるってわけでもないのですよ。勝手に藤元先生が春奈ちゃんとこ行っちゃったのです。気になって気になって仕方ないみたいです。にゃおにはどうしようもないのです。そういうこと、ときどきあります。
自己主張が一番激しいのはやっぱりシズくんかなー。

そして高瀬さん!そう、にゃおも大注目なのですよ。かっこいいなーって。
年上既婚者テクニシャンってちょっとドキドキしますよね☆
「この指」もどうなるかよくわからないお話ですが、愉しんでいただけると嬉しいです!

>揺さん
ご指摘ありがとうございます!
そっちはもう超特急で直しました!!
気をつけているつもりでもちょいちょいあるんですよね、誤字誤変換。これからも気付いたら教えてください。

藤元先生ゴーゴー!なのです。
クールでキレイでカッコイイ佐上先生もいいけど、にゃおは求められるのが好きなので藤元先生も大好きなのですよ。ふふふ。どう動くのか、にゃおも楽しみにしています☆
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。