FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あけましておめでとうございます
2010年01月05日 (火)
大変遅まきながら新年おめでとうございます、にゃおです。
ご挨拶が遅くなっちゃった理由はいくつかある(ダーリンとにゃおの実家へ移動していてその時間が取れなかった、お休みが少なかった)のですが、そのうちの大きなひとつがパソコンです。うふふ。新年早々縁起の悪いことに物理的破損で強制休止状態で、実質お亡くなりになっちゃったのです。うーっ
それでも運のいいことにデータは無事で、そしてもっと運のいいことにちょうど実家で余っていたパソコンを譲ってもらえたので大出費ってことじゃないのですが、それはセキュリティソフトが入っていないパソコンなので危なくて使えないのです。買いに行かないといけないのです。とほほ。そう言うわけですので更新はもう少しお待ちいただけると嬉しいです。
あと新作の「黒猫のための小夜曲」ですが、こっちももう少し待ってください。ストーリィはほとんどできているのですが、その前に「この指」と「マスカ2」のメドをあるていどつけてからにしないと更新三本同時進行ではにゃおがわけがわからなくなるので…

2010年は今までと違ったこともしたいなぁと思っています。どうぞこれからもプッシーキャットをよろしくお願いします!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
マスカレイド2-51
2010年01月07日 (木)
「その辺、テキトーに座って。コップ使う?」
 ブゥンと低く唸り始めた電子レンジの中でお弁当がゆっくり回るのを見ながら、カウンターの向こうの先生に声を掛けたけど、返事がない。上半身を反らしてカウンターの端から覗くと、困り顔の先生がさっきと全然変わらない姿勢のままで立っていた。ガタイのいい白いTシャツとライトブラウンのハーフカーゴパンツ姿がなぜか、拗ねてるみたいに見えておかしい。
「せんせ、こっちで食べる? ソファのほうがいい?」
 タイミングよくピピピと鳴ったレンジからお弁当を取り出しながら訊くと、先生は低くうーっと唸ってテーブルに歩み寄ってきた。いつも空席で滅多に使われることのないいすの背を引いて、そおっとゆっくり座る。大また開きで寝そべるようにどてっとエラソーに座る、理科準備室での普段の様子と大違いで、すごくおかしい。
「あー、お腹空いたー。いっただきまーす」
 あっためたお弁当を先生の目の前に、その横にタンブラーグラスを二つ並べて置いてから、先生の斜め向かいのあたしのいつもの席に座った。緊張して固まってるのか、変に動作の遅い先生をほっといてサンドウィッチに手を伸ばす。パリパリのレタスとマヨネーズで和えたツナとトマト、そしてふんわりしたパン。
「これ、おいしい」
 一口食べてから顔を上げると先生と目が合った。先生は「そっか」って言ってぎこちなく笑って、それからやっと自分のお弁当に手を伸ばした。あったまってくっついたラップを力任せに引きちぎってお弁当の蓋をムリヤリ開けて、容器の横に引っ付いていた割り箸を取った。パッケージをぱりっと破ってお箸を出して、手のひらにはさむ。
「いただきます」
 いつものとおり、丁寧に両手を合わせて小さく頭を下げてから、先生はおっきな空揚げに箸を伸ばした。あたしだったら絶対にムリってサイズを、かぷかぷっと二回に分けてかぶりついて、いとも簡単に口の中に収めた。
「わーっ」
 思わず出た言葉に軽く目を見開いて先生が訊いてくる。なんでもないよって笑い返しながらレモンソーダのペットボトルに手を伸ばした。蓋をねじると、硬い円柱の中で怒ってるみたいにじゅわじゅわ音を立てる。泡でいっぱいになるのを吹きこぼれないように加減してグラスに注ぎながら、膨らんだ頬っぺたがもきゅもきゅと動くのを見た。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お言葉頂きました☆
2010年01月07日 (木)
おはようございます、にゃおです。
にゃお復帰でございますっ☆

いやー、なんか大変でした。
今まで、あの鮮やか過ぎる青い画面が苦手で、わざと2000を使っていたのですが、もうこの際そんなことを言ってられないので、泣く泣くXPに。

でもやっぱり使いにくいーっ!目が痛いーっ!
まぁこれも慣れなんでしょうけれどね…

あと、テキストの変換がノーマルに戻っちゃってるので、それもとっても使いにくいです。藤元先生とか佐上先生とか、前のパソコンでは一発変換してくれてたのに、それも全部確認しないといけないし…。
誤変換とかいっぱいありそう…
見つけたら教えてくださいね!




さてさて、お言葉いただきました。ありがとうございます!

>クリスマスを25日に改めて~…とありますが、クリスマスは本来25日ですよ(^^;)
確かに最近はイブにやる風潮が強いようですが。

お返事遅くなってしまってごめんなさい!
えっと、そうですね、確かにクリスマスは25日ですよね!
でも前日のほうが盛り上がりませんか?前夜祭、徹夜祭ってすごくワクワクします。子どものころはそのときだけ許される夜更かしにドキドキしたんです。
にゃおはやっぱりクリスマスはイブのほうが好きですーっ☆
まぁ好みの問題なんですけどね♪


>わざわざ新しいセキュリティソフトを買わなくても、以前使っていたセキュリテ
ィソフトのシリアルナンバーが解れば、そのまま使えるはずですよ?

そうなんですよーっ!シリアルナンバーさえわかれば!!
それというのも、にゃおのお亡くなりになられたパソコンはお友達のおにーちゃんの自作もので、作ってくれた人は仕事して結婚して別のところに住んでいるので、もうどうしようもないのですよね。
見つかったとしても当然ライセンスは切れているので更新するしかないしー、そうなったらどっちにしてもお金かかるしー。
ってことで、あきらめて買ってきました。以前はノートン先生だったんですが、二台も三台も使わないので、というだけの理由からトレンドマイクロに鞍替えです。
さようならノートン先生…


> どきどきしました(#^.^#)
ありがとうございます、うれしいです☆


>花を召しませのシズ君がすっごく好きです♪やっぱり年下の彼氏って癒されま
すよねー^^私もシズ君にご飯作ってもらいたいです!

ですよねーっ!
にゃおもダーリンは年上なので、とっても年下の彼氏にはあこがれます!!
なんか弟みたいにかわいくて、でも年下だからって舐められたりしないようにすっごくがんばって男らしくしてくれそうで、いいなーって思うのですよ。
いいなー、美雪さんうらやましいなーっ



さてさて。ここからはちょっと隠します。
お暇のある方だけどうぞなのです。
[つづきを読む?]
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この指を伸ばす先-111
2010年01月12日 (火)
「ん、あ……んっ、は……っ、あ、あぁん……」
 ぐったりとうつぶせ加減にシーツに横になった理香を背後から抱き寄せ、高瀬はふとももの隙間に手を入れて秘部を弄んでいた。揃えて入れた人差し指と中指で抜き差しを繰り返すと、あふれてくる愛液は高瀬の手のひらまで濡らし、蕩けた肉が包み込むようにやわらかく先端に吸い付いてくる。まるで挑発するかのように男の指に絡みつきながら、けれど朝から亮治、達也、そして高瀬と三人もの男に陵辱された理香の疲労は限界近くまで蓄積されていた。
「も、ダメぇ……ゆるし、て……あ、ぅんっ!」
「さっきからそんなことばっかり言って、でもほら、ここ」
「あっ、はぁ……っ、やっ、ダメ! ダメだって! あっ、ああっ」
 ともすれば眠りに落ちてしまいそうなほど意識レベルは低下していても、敏感すぎる身体は高瀬の指使いに反応してしまう。ぐちゅぐちゅと音を立てるほど激しい突き上げと軽く押さえながら振動を与えるクリトリス攻めに、腕一本さえままならないほど重い身体では抵抗もできず、あっけないほど簡単に理香は快感の声を上げていた。
「やぁんっ、もうっ! あ、……い、くぅんっ!」
「さぁ、我慢しないで。気持ちよくなればいいんだよ。ここ、気持ちいいだろう?」
 笑みを帯びた声で囁くと、高瀬は身体をくねらせ腰をひくつかせる理香の背中に舌を這わせた。舌全体を擦り付けるように舐めながらちゅっちゅとキスを繰り返し、タイミングを合わせて敏感な肉の芽を攻める。優しく細かく強くを微妙な差で繰り返す高瀬のテクニックに理香はぶるりと全身を震わせた。
「はぁっ! あっ、や、いやぁ……んっくぅっ!」
 理香の内側がぎゅうっと締まり爆発した快感に硬直する。強く閉じたまぶたに涙をにじませて喘ぐはかなげな見た目とはうらはらに、その内側は男の指をぎゅっと握って放さずリズミカルにうねりくねり、挑発するかのように擦り付けてくる。
 ――三戦目は厳しいな……。
 理香の嬌声と淫靡な指先の感覚を楽しみ更なる快感を送り込みながら、高瀬はベッドボードのデジタル時計に目を向けた。
 仕事を終えてあとはもう寝るだけと言った状況でのベッドタイムならばまだしも、まだ時間は夕方で、しかも対外業務の多い高瀬のスケジュールは深夜にまで及ぶ。このあとの五時と七時にも予定が入っている。三十路一歩手前の年齢とは言え体力的にはまだまだ自信もあるが、時間的制約はやむを得ない。そろそろこの仕事も切り上げなければならないだろう。冷静に判断を下しつつ、それでもなおこの身体には未練があった。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この指を伸ばす先-112
2010年01月16日 (土)
 ――せめて、あと三十分あれば。
 ぬるぬると指に絡み付いてくる肉の感触に先ほどまでの快感を思い出してしまう。記憶に触発された下腹部が熱を帯びる。近頃ついぞなかった自身の反応に高瀬はわずかに苦笑した。
 ――今までこんな女はいなかったからな、仕方ないか。
 過去、関係を持った女性が聞けば激怒しそうなことを考えながら高瀬は身を起こし、背後から大きくふとももを割り裂いた。嬌声をBGMに、蜜にまみれたサーモンピンクが指に犯される様を眺める。生き物のように蠢きながら指を飲み込みヨダレを垂らして絡みつく、この世でもっとも卑猥な光景が高瀬の冷静な思考が吹き飛ばした。
 ――ま、急いで済ませればいいか。
 そう努力しなくともこの女が相手では早めに終わってしまうだろうと苦々しく思いながら、高瀬はゆっくりと指を引き抜いた。あっという間に回復した自身を握りしめ硬度を確認する。腰を浮かせて角度を調節し覆いかぶさるようにぐいと差し込んだ。
「えっ、あっ、んくぅっ!」
 指の感覚の喪失と挿入の衝撃に驚きびくんと跳ねた身体を強く引き寄せると、奥まで一気に侵入し、息つく暇もなく高瀬は快感に震える肌にリズムを叩き込んだ。指先でクリトリスをつまみ捏ね回しながら、内側からもGスポットを鋭く突き上げる。
「いっ、あぁっ! あ、はっ、あぁんっ」
 急に激しさを増した愛撫に、快楽の嵐にもみくちゃにされる小舟のような理香は、身も世もなくよがるだけだった。ぬめる指でくにゅくにゅとクリトリスをねじられ、自分がバラバラになるかのように感じながら波に身を任せる。
「あ、は……っ! い、くっ!」
 あっけないほど簡単に快感の頂点を得た理香が全身を震わせて叫ぶ。目尻から涙をこぼし苦しげに首を振りながらも絡みついた媚肉は高瀬を舐めねぶり、もっと刺激が欲しいと食い締める。それに応え、高瀬は抱えあげた尻に指を食い込ませんばかりにして打ち込んだ。
「き、ぁああっ! あっ、は、あぁっ!」
「う、く……、ぅっ」
 悲鳴を上げシーツをかきむしって悶える理香の壁がぐにゅりとねじれ、蜜をなすりつけるように高瀬をしごく。くびれの部分に絡むようにこすり上げられ、高瀬は目を閉じ息を詰めた。身体全体を叩きつけ奥まで貫くかのように大きく突き上げるが、男を試すようにその努力をあざ笑うかのように、高瀬をくるんだ柔肉はひだの一枚一枚を擦り付けヒクヒクと震える。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この指を伸ばす先-113
2010年01月20日 (水)
 やっぱり、怖いおんな、だ。
 奥へ奥へと引き込まれる底なし沼のような締め付けに逆らい、高瀬は必死で抜き差しを繰り返した。歯を食いしばり肩を揺らして腰を叩きつける。突き上げるたび引き抜くたび理香は快感に身体をくねらせて嬌声を上げ、けれどそれ以上の快楽を高瀬に与える。
 ――嘘だろ、もう、マズ……っ!
 全てを持っていかれそうな快感にくらりと回る意識の中、自らへの最後通告のようなつぶやきとほぼ同時に理香の内部がぐにゅりと揺れた。
「い……あ、あぁぁ……っ!」
 いっそう高く理香が声をあげるのと同時に、高瀬を咥えこんだ秘唇が隙間からぶちゅっと潮を吹いた。熱い蜜をたたえた洞が生き物のようにぐにゃぐにゃと高瀬に絡みつく。茎を絞りながらくびれをざわざわとなぞり、先端に吸い付き、溝に沿ってちゅぱちゅぱと舐め上げる。
「う、あぁ……っ!」
 潮を吹く瞬間の理香の蠢きをまともに受けた高瀬の理性の糸がぶつりと途切れる。許容量を超えた快感に目の前が暗くなる。熱くぬめった粘膜の攻撃に耐え切れず、高瀬は腰を震わせ天を仰ぎ、三度目の悦楽を享受した。




 最初に声をかけた時の反応と、その後あっさりランチについてきたことからしても、子どものような顔をした元部下は今の上司が何をやっているのか、そして今がどういう状況にあるのか、その辺りの事情を全く知らないのだろう。例の役員秘書に犯罪まがいの手出しまで頼んできたとは、課長も相当追い詰められたと見える。高瀬は内心でそう踏んでいた。
 羽振りだけは昔と変わらないが、金のなる木は枯れつつある。新任役員殿は赴任後、数日と経たないうちに社内の使途不明金の行き先を把握したらしい。関係者の口止めも社内ファイルの偽装も消去も、時間稼ぎにさえならなかったと言うわけだ。証拠隠滅の手際は決して悪くなかった。あちらが一枚も二枚も上手だっただけだ。切れ者の噂は本当だったと言うわけだ。
『社長の甥だかMBAだか知らんが、何も知らん若造がえらそうに!』
 焦りを隠そうともしない怒鳴り声に思わず漏れた苦笑は、うつむくふりでごまかした。本気でそう思っているのなら逆恨みもいいところだ。会社に対して起こした背信行為に個人的欲望以上の理由はなかっただろうと、言えるものなら面と向かって言ってやりたい。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この指を伸ばす先-114
2010年01月25日 (月)
 とは言え、間抜けを装いまったくわかっていないふりを通してはいるが、数々の行為を手伝った自分も道義的倫理的責任は問われるだろう。そこは殊勝な態度で応じ、だまされて手伝わされていた誠に申し訳ないと、深く頭を下げるしかない。噂の切れ者甥っ子殿にどこまで演技が通じるかは疑問もあるが、自ら動いた跡はできる限り消している。証拠が少なければ知らぬ存ぜぬで押し切ることもできるだろう。ギリギリ灰色決着に持ち込むことは可能かもしれない。全く知らなかったと言い張るには深入りしすぎているのは事実だが、スリルがあるからこそゲームは面白いものだ。悪役の楽しさは実際にやってみなければわからない。
 ――そう、面白かった。
 ちょっとした情報にさえ高値が付く現実に当初は驚き慌てもしたが、次第にどこまで値が釣りあがるのかどこが一番出すのかと予想を立てて遊ぶようになった。当たることもあれば外れることもある。知的快楽と言えるほど真っ当ではなかったが、楽しすぎて手が引けなくなった。ネタが少なくなれば自ら探して回った。その頃には株に群がるハイエナが欲しがる餌か否かの区別はつくようになっていた。ヤツらが目の色を変えて食いついてくる様子に笑いが止まらなかった。そのせいで逃げ時を間違えたような気がする。
 ――けど、アンタと心中するつもりはないよ。
 確かに、入社時に口を利いてもらった。顔も名前も知らないほど遠い親戚の面倒を見てくれた課長には深く感謝しているが、それらの恩義はすでに何倍にもして返している。泥舟から逃げるのは本能と言うものだ。責められる筋合いはない。
 ――問題はこの女、だな。
 快楽の名残にあえぎ震えるやわらかな肌を抱きしめたまま、高瀬はゆっくりとシーツに倒れ込んだ。全身を覆う心地よい気だるさに目を閉じながらも、無意識に肌をまさぐり乳首をつまみ、クリトリスに蜜を塗りつける。そのたび律儀に反応する身体がいとおしくなる。
 ――こんなにも手放したくなくなるとは、思わなかった……。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。