FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-9
2011年10月05日 (水)
「あ、れ……?」
 思ったとおり、あたたかく見送ってくれたみんなに少しの罪悪感を抱きながら、おそらくはカギがかかっているだろうと思いながら回したノブは、あっけなく開いた。重いドアを押し開き隙間からそっと覗くと、閉館した図書館を思わせる薄暗い空間に資料棚が林立していた。出入り口のすぐそばには資料整理用のテーブルが置かれ、どこかで不要となったらしい姿見が壁にもたれたまま不機嫌そうに棚を映していた。周囲を素早く見回し、人気のないことを確認してからドアノブを押し開けたそのとき、目の前に誰かが立ち塞がった。
「きゃ……っ」
「おっと」
 反射的に上げそうになった悲鳴が大きな手のひらで覆われる。あっと思う暇もなく身体が回転して腕の中に抱きこまれ、ドアノブ内に隠れた半月型のカギがかちゃっと横に回った。
「ぷぁっ。びっくりした、課長」
「ごめんごめん。大声出されちゃうかと思って」
 抱きしめられたまま肩越しに振り返ると、明るい笑顔と一緒に額にキスが降りてきた。目を閉じて、待つと言うほどでもないほんの数秒のあと、唇が軽く触れた。音を立ててキスを繰り返しながら、課長の右手がベストスーツの上から胸を探る。
「さぁ、今朝の続きをしようね」
「やだ、だめ……」
 もちろん全然ダメじゃないし、できれば直接さわって欲しいくらいだけれど、女のほうからそんなことは言えない。ボタンが長い指にゆっくり外されるのを黙って見ているだけの状況が焦らされてるような気がして、おかしなふうに興奮してくる。
「あん……っ」
 ブラウスの中に入り込んで、半分ほど見えなくなった手のひらが、ブラの上から胸をさわる。それだけで身もだえするほど身体が熱くなってくる。わたしが身体をくねらせたのをどう思ったか、普段よりも早いタイミングで左手がスカートをめくり上げた。ショーツの上から指先をすりつけられると、熱がじわりと滴ってくるのがわかる。
「やっぱりさっきのじゃ物足りなかったんだね。もう濡れてきてるよ」
「あっ、やだぁ……」
「いやなのはここかな?」
 楽しそうに低く笑いながら、ショーツの横から入り込んできた課長の指先がぬるんと縦のラインをなぞった。
「あっ、課長……ああっ、ふぅんっ!」
 優しく何度も指を往復させながら、少し乱暴なキスがわたしの声を塞いだ。たったまま後ろから一方的にさわられていると、いじめられているようで興奮する。息を制限されたまま攻められると気持ちよすぎて気が遠くなる。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-10
2011年10月20日 (木)
「じゃあ、今日は縛ろうか。後ろに手を」
「あ、はい」
 離れた唇から流れる静かな声の命令と、ネクタイを緩めるセクシーな男の仕草をうっとりと見上げながら頷いた。
 課長が縛りたがる日は限られていた。いつも縛っていると慣れてしまうからねと笑顔を向けられると、それ以上はなにも言えなくなる。愛されなくなるくらいなら、多少の不満は飲み込んだほうがわたし自身のためだった。だからこそ、今日はたっぷりいろんなことをしてもらえるのだろうと、身体が期待してしまう。奥のほうがヒクヒクしているのがわかる。優しい声でひどい言葉をささやかれながら恥ずかしいことをされると考えただけであふれてくる。
「あ……、んっ」
 背中に回した両手首に絡まる、冷たいシルクの感触に肌が粟立つ。
 課長は結び目を作らず、編み込むように器用にいくつかの折り目を作って縛る。ネクタイを結び直したとき、不自然な箇所にシワがあると後で困るからといつだったか言っていた。こんな時でさえ冷静な様子を見ていると少し寂しいような気もする。
 課長にはどれほどの経験があるのだろう。確認しようと考えたことさえないけれど、過去にわたしと同じような関係になった課員がいたかもしれない。もしかしたら、今だって――。
 頭を振って、勝手に暴走する思考を振り払うと、必死で背後の課長の気配を追った。縛った手首からすうっとひじまでを指で辿られて、ぞくりと身体が震える。反射的に腕を動かそうとした途端、ネクタイが手首に食い込む軽い痛みがわたしを襲った。縛られていると言う事実がわたしをさらに縛る。
「これだけでも好い顔するね。気持ちいい?」
「はい、気持ちいい、です……」
 初めて挿入で絶頂を得たときに縛られていたのがいけなかったのか、わたしの回路の中では『縛られる』と『気持ちいい』が繋がってしまったらしい。いやらしい言葉や乱暴に組み敷かれる体位にひどく反応してしまうのも同じ理由からだと思う。課長が言うには、女性にはそれほど珍しいことでもないらしいけれど、だからといって、はいそうですかと簡単に頷けるものでもない。
「やっ、課長……あ、んっ」
 後ろから回ってきた腕がぷつぷつとブラウスのボタンを外す。崩れるように開いた隙間から入った指がブラをずらして、その頂でささやかな自己主張をする赤い突起をぷるんと弾いた。
「んっ、んんっ」
 痛みとそれ以外の感覚が胸全体に流れる。押し潰すように捏ねられると熱くなる。痺れるようなざわざわした波がわたし自身を呼び起こす。今朝の電車のときのような、恥ずかしいほどいやらしいわたし自身をムリヤリに起こそうとする。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お言葉頂きました。
2011年10月20日 (木)
おはようございます、にゃおです☆

ごめんなさい、ずいぶん更新のあいだが開いてしまいました。
仕事のこととかいろいろとあって、ちょっとしばらく家に帰ってパソコンを開けると言うことができない状態でした。
待っていてくださったみなさんには申し訳なかったのですけれど、仕事でさわってるとなんか逃避したくなるのですよね…。


久しぶりにネットを回っていたら心温まるステキな記事を見つけました。
少し古いニュースなのですけれど

カゴメ、カルビー、ロート製薬が震災孤児支援で基金
いろいろなことが起こって、どうしてもすべてが流れていきがちな昨今ですけれど、こうやっていつまでも見守ってくれる存在を心ある企業さんが作ってくれた、と言うのが嬉しいですよね。一財産ある人ならともかく、個人ではそこまで資金が続きませんもの。
でも本来こういうのはガバメントが(以下略)。

にゃおもこれから何か買う時は意識してカゴメとカルビーとロート製薬を選ぼうと思います☆
カゴメのトマト野菜ジュース大好きですっ
たっぷりレモンを絞って飲むと、二日酔いの朝にぴったりなのです♪



さてさて、お言葉いただきましたっ
お返事遅くなってごめんなさいっ(><、

>美加ちゃん、健気ですねぇ!
えっ、可愛いですか?
そういうお言葉をいただくとは思わなかったのでびっくりです。

そう、ヒロインは白井美加ちゃんです。
課長はうっかりみんなの前で呼んだりしないように、常に「白井さん」と呼んでいます。ばれたら困ることになるから最低限の注意なのかもしれないけれど、でもちょっとずるいなぁ、なんてにゃおは密かに思っているのですけれど、でも美加ちゃん自身が課長大好きなので仕方ないのかなーっ

実は、にゃおも実りある恋愛をして欲しいって思っているのです。
こういう関係って制限があっていろいろと大変みたいですけれど、でも秘密の恋って燃えるみたいですし、とってもステキなんでしょうねー。
結婚してからはダーリンひとすじなので、残念ながらまったくそういう世界を知らないのですが、いけないって思いながら、でもこらえきれず……なんて、すごいドキドキなんでしょうね。
浮気はもちろんいけないことですけれど、でも禁断の果実を味わってみたいような気はちょっとします☆


>面白かったです。
わーい、ありがとうございますっ☆
愉しんでいってくださいね♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-11
2011年10月28日 (金)
「んっ、あっ、あぁ……っ!」
 首すじに熱い舌が当たる。ざらりと音を立てて耳朶を舐められるとぞくぞくする。同時に乳首をつままれて身体がぶるりと震えた。舌の動きに併せて、ショーツの奥がヒクヒクと蠢いた。
「ほら。もうおっぱいがピンピンになってきた」
「んっ、んんんっ」
 課長の繊細な指がキーボードを叩くように赤く腫れ上がった乳首を弾いた。なぶられて変形する自分の胸を見ながら、けれど本当はもっと違うところに意識が行っていた。不審な指のことを含めて、今朝の電車内のできごとを何度も思い返していたわたしのそこは、今すぐにでも彼を受け入れることができるほどにあふれている。耳たぶに舌が這うたび、胸を強く揉まれるたび、さわられていない場所が苦しいほどにひくつく。自分からは決して言い出せない言葉が欲望が、頭の中でぐるぐると回る。
「あん、課長……」
 耐え切れず、スカートを擦り付けるように腰をくねらせてしまう。身長差もあって、うまくその部分には当たらないけれど、言いたいことはわかってくれたらしい。吐息のような笑い声が耳にかかった。濡れた耳たぶへ息を吹きかけられただけでもぞくりと身体が震える。
「なるほどね」
 笑みの混じった声がつぶやいて、その手が離れた。不安に駆られて向けた視線の先にはお行儀よく壁に並んでいたパイプ椅子を持ち上げる背中があった。疑問を浮かべる暇もなく、がちゃりと音を立てて開いた椅子に腰をかける。
「さぁ、こっちへ」
 くくっと低い声で笑いながらベルトのバックルを外し、続いてジッパーを下ろした。大きく開いた長い脚の間から黒と赤のチェック柄のトランクスが顔を出す。
「早く気持ちよくなりたいんなら、協力して欲しい。いいかい?」
「はい」
 ゆっくりと近寄ったわたしに向けられた笑顔に頷いて、その足元にひざをついた。目の前のチェックがぐいと引き下げられて、課長のさわやかな外見からは想像もつかないような凶悪に反り返ったものが跳ねるように飛び出てきた。
「よろしくね」
 頭を撫でるように引き寄せられた。されるがままに先端にちゅっと吸い付く。丸っこい三角の赤黒い部分にぷつりと開いた穴を舌先で突付くと、苦いようなしょっぱいような、ヘンな味がする。わずかに糸を引くその液体をキレイに舐め取ってから、もっと欲しいとばかりにちゅっちゅとキスを繰り返した。
「んっ、あ、そう。いいよ、こっちを見て」
「ん……ふぁあい」
 くぐもった声で返事をして、先端に舌を這わせながら顔を上げた。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お言葉頂きました☆
2011年10月28日 (金)
おはようございます、にゃおです。

こないだ用事で実家へ行ったら、ママに「またいつものマッサージジェルよろしくね」って言われまして。
ママは二年ぐらい前ににゃおのを使って以来プエラリア・ハーバルジェルのファンなのです。
ママたちの世代くらいになると80gで5000円とかってすごいお値段の美容液を使ってたりするのですが、それにプエラリアジェルは負けていないそうなのです。

今回はお友だちの分も一緒にって頼まれました。
なんでもママのお肌を見て、そしてお値段を聞いて、試す価値アリ!と思ったそうで。


しかも!
なんと今ならプエラリアジェルの特別セール中なのですっ
終了しました
なので、もうちょっと残ってるんだけど、でもどうせにゃおも要るし……と自分の買い置きも買っちゃいました。
うわーなんか得しちゃったっ☆

ついでに限定のヌレヌレローズラズベリーキッスも三本セットで買っちゃいました。

わーいっ♪
ここのところ、ホントにペコペコにへこむことばっかりだったので、とっても嬉しいです☆



さてさて、お言葉いただきましたーっ

>オフィスで不倫&H…経験ありです!
わーっ、うらやましいっ
やっぱり経験してる人っているんですねぇ……。
ってしみじみするようなことでもないですけれど、でも背徳感と相まって、すごい快感なんだろうなぁ……




あ、そうそう。
メールアドレスを変更しました。
 mika☆nia☆elii☆@gmail.com です。星マークを外してくださいねー

感想など教えてくださると嬉しいです♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。