FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-12
2011年11月01日 (火)
「いいね。小さな口でしゃぶってるのが何とも言えないな」
 課長は奉仕しているわたしを見るのが好きらしい。目が合うと息を漏らすようにふっと笑って髪を掻き上げてくれる。
 誰にでも公平に優しい課長が、今はわたしだけを見ている。そう考えただけでズキっと奥に衝撃が走る。もっと言って欲しくてもっと褒めて欲しくて、見せつけるようにぺろっと舐めてから、大きく口を開けてぱくっと咥えた。軽く吸いながら舌を這わせると、さっきまででも充分に大きかったのがさらにぐぅっと膨れた。
「おいしいかい?」
 いやらしい問いかけに咥えたまま頷いて、身体ごと近づくように深くまでゆっくりと含んだ。いったん吐き出してから幹の部分をぱくっと横向きに咥えて唇で強く挟んで、根元から先までを刺激する。
「いいよ、上手だ」
 うめくような低い声の褒め言葉にズキズキする。もっと喜んで欲しい。もっと感じて欲しい。そんなことを考えながら口いっぱいに頬ばって、顔が汚れるのも構わずに、にじみ出てくる苦いとろみをすすり上げた。途切れ途切れに聞こえてくる、切なそうな溜息がたまらなくわたしを煽る。
「もう、いいよ」
 先端を深く含んで舌の裏で撫で回していると、慌てた手がわたしを押し戻した。天を突き上げんばかりに反り返ったものからゆっくりと離れると、先端と唇が細い糸でとろりと繋がる。そっと課長を見上げると、眉をひそめた普段とは違う余裕なさげな顔が胸にずきんと響いた。この表情をさせているのはわたしだと、そう考えるだけで熱いものがあふれてくる。
「朝から煽られっぱなしで我慢できないよ。こっちへきて。後ろ向きで、跨がって」
 そんな苦しそうな顔で言われたら、こっちだって我慢できなくなってしまう。言われるまま、くるりと半回転して背中を向けて課長の脚のあいだに入った。いつもより少し乱暴にスカートがめくり上げられる。大きな手がお尻をつかんで引き寄せる。細い指先にショーツをずらされた。へっぴり腰で課長の上に座り込むような姿勢で、丸いものがぎゅっと押し当てられた。
「んんんっ、あっ……、はぁっ!」
 ずぶずぶずぶ、と音を立てそうな感じで奥まで侵入される。ごりごりと壁をこすり上げられる感覚に悲鳴を上げた。軽く左右に揺すられるだけで、ものすごい快感が押し寄せてくる。震えるたび、わたしの中の課長がぐうっと押し上げてくるのがわかる。
「今日はまた、一段とすごいね。ヒクヒクしてるよ」
 はぁっと耳元に息を吐きかけながら、課長は手を前に回した。ショーツの隙間から入り込んできた指が、痛みを訴えるほどに求めていた部分を優しくそっと撫でた。くにゅくにゅと捏ねるようになぞられて、全身が硬直した。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
昔ながらのものです。
2011年11月01日 (火)
おはようございます、にゃおです☆


最近「重曹&クエン酸お掃除」が話題なんですって。
重曹は昔、実家のママが焦げ付かせた鍋を洗っていましたが、最近はエコのこともあって、とても流行っているそうなのです。
強力洗剤と違って手にも優しいって聞いたので、にゃおも遅まきながら参加しようと近くのホームセンターに見に行ったのですけれど、ホントにすごいんですね、いろんなのがありました。
クエン酸はお酢の匂いがして、ちょっとおもしろかった。
二キロはちょっと多いかなと思ったので、とりあえず重曹の一キロを買ってきました。

でもあとから聞いた話では、重曹よりセスキのほうがよく汚れが落ちるそうなのです。
セスキってなんだろうって調べてみたら「セスキ炭酸ソーダ」と言って、これがなんと、アルカリウォッシュと同じものだったのです!

なんだーっ、そうだったのかぁっ!
そりゃあセスキ支持されますよねって、すごく納得しました。

だって、ホントにすごい汚れが落ちるんですもの。特に、油汚れ。
コンロが秒殺だったのは感動ものでした!
(始めて使ったときのにゃおの感動っぷりはこちら☆≫「にゃおのリピート品リスト」

なんか、こういうのってうれしいです。
そんなに高いものじゃないし、まとめ買いしてお歳暮代わりに親しい人に配ろうかしらって考えてます。
喜んでくれる人がいるといいなー。


あと、停止していた秘密コメント機能ですが、元に戻します。
内容によってはお返事できなかったりするかもしれませんが、それはご了承くださいね。できる限り努力はしますが、にゃおも聖人じゃないので。ごめんなさい。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-13
2011年11月12日 (土)
「あぁ……っ! うっ、く、ぅぅっ」
 ずるんと引き抜かれては突き上げられる。単調な強い力に流される。その激しさの前にわたしは波に弄ばれる笹の小舟のように無力だった。抵抗することもかなわず、ただあえぎ、もがき、快楽を享受する。欲しいものはすぐそこにあった。涙で曇った視界の向こうに、透けて見えるほど近くに。
「ひぁっ! あ、ああ……っ!」
 強い突き上げの合間にきゅうっと胸を摘まれて身体がぶるりと震えた。内側を突き上げられ、指先で弄ばれ、さらに加わった別の刺激がスイッチだった。背中から回ってきた指の攻めに、蹴りこまれるように快楽の淵へと転げ落ちる。
「きぃっ、ひ……っ! あ、あっ……」
「なんだ、もうイったの?」
 息ができなくなるような快感に背を波打たせるわたしに、嘲るような言葉が降りかかる。けれど、それに応えるような余裕はなかった。だらしなく口を開いてあえぎ、腰をくねらせてはもっと欲しいとねだる。
「今日はぼくのほうが早いかと思ってたんだけど、無用の心配だったな」
 くくっと耳元に息を吐きかけながら課長が愉しげにつぶやく。わたしの掲げた白旗は課長にも見えているはずだけれど、背後からの攻めに手心が加えられることはなかった。
「まぁ、いいか。好きにさせてもらうよ」
 残酷なまでに優しい声がささやくと、さらに早まった動きが打ち込まれた。こすり上げ、引き抜かれ、そのたびに壊れたおもちゃのようにぎくしゃくと震えるわたしを指先でも追い詰め、課長は圧倒的な力の差を見せ付けた。
「ダメ、もうダメ……あっ、ああっ、ひぃっ、やぁ……っ」
 蹂躙するリズムに併せて、指が優しくわたしをいじめる。電流が流されたように目の前がチカチカと白く光る。何度も頂点に押し上げられて自分がどうなっているのかわからない。
「か、ちょ……、も、だめ……っ」
「そうか、そうだな。じゃあ、遠慮なく」
 がくんと身体が前のめりになる。落ちると思うより早く簡単に抱きとめられた。腕は縛られたままだから、頬を視点に土下座するような体勢になってしまう。高く上げたお尻が大きな手のひらでぐっと挟み込むようにつかまれて、そして。
「いっ、きぃ……っ! ひ、あああっ!」
 がん、がん、と音が出そうな勢いで叩き込まれながら、アダルトビデオのような『壊れたおもちゃのように好き勝手に振り回されて犯されている女』のイメージが脳裏に浮かんだ。乱れた制服姿で獣のように組み敷かれ、何度も声を上げて快楽を享受するいやらしい女――その想像図になぜか快感が増す。
「あっくぅっ、あっ、ああ……っ!」
「いいかい、中に出すよ?」
 荒い息が混じった声が聞こえる。わたしがひどい生理痛のために低容量のピルを飲んでいることは知っているはずなのに、いつもそうやってわたしの同意を求める。それは課長の優しさなのかもしれない。
「はい、出して……出してくださ……あ、ああああっ!」
 ほとんど真上から叩き込まれるように奥にまで侵入された。行き止まりに押し付けられた課長のものがぐぅっと膨らむ。
「っく、うっ、うっ」
「やぁっ! ああっ、あっ、あああ……っ!」
 低く押し殺した課長のうめき声がわたしの頭の中まで掻き回していた。課長が気持ちよくなっている。わたしの中で気持ちよくなっている……。
 その後、課長が何かを言ってそれにわたしも答えたけれど、内容は覚えていない。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-14
2011年11月23日 (水)
「んっ、あんっ、んんっ!」
 会議用の長テーブルに上半身を預けた体勢で両足を上げて、わたしは課長に組み伏せられていた。手の戒めは解かれてネクタイは課長のポケットに入っていた。ブラウスのボタンが外れ、スカートはウェストまでめくり上げられ、もうとっくに汚れていたショーツは床に落ちている。替えのショーツがなければこの後の業務にも支障をきたしかねなくなるけれど、もちろんそんな手抜かりはない。
「あっ、ああん……」
 課長は立ったままわたしのひざに手を置き、ゆっくりと身体を前後に揺らした。ときおり覆いかぶさるように身体を倒してきては、耳を噛み首すじに舌を這わせ、胸を含んで吸い上げる。一度目よりはかなり余裕があるようで、わたしが声を上げるたびに応えるように軽く突き上げてくる。課長を受け入れている箇所のすぐそばにある敏感な芽を弄んで、震えるわたしに笑みを漏らす。
「あ、ああぁっ!」
 ゆっくりと引き抜かれると同時に繊細な指先にぞろりと撫で上げられて、反射的に力が入る。そうするとゴツゴツとした感触が普段よりよくわかる。ずるずると抜けて行く感覚さえ気持ちいい。軽くつねられる、痛いほどの鋭さが呼び水となって、さらに深い快楽を求めてしまう。さっきまであれだけ何度も感じておきながらもっと欲しいなんて、わたしはどれほどに浅ましいのだろう。そんなことを考えてしまうときもあるけれど、でも。
「ああ、課長、やぁ……」
 すでに一度、奥まで痺れるような感覚に声を上げたあとでは、このゆったりとしたリズムは物足りなかった。指先で捏ねられるのも気持ちいいけれど、理性が吹き飛ぶほどの快感にはならない。もっと激しくして欲しいと思っても口に出すことはできない。気づいてもらえるのを待つしかない。
「あ、課長……?」
「しーっ」
 そのとき、刺激を与えてくれていた指がふいに離れた。次いで、わたしの中のゆったりした大きな動きも止まる。ぼんやりとさまよっていた視線を戻すと、悪戯っぽい目が唇に人差し指を当てて見せる。疑問に思うより早く、課長が上着のポケットから黒っぽい携帯電話を引っ張り出した。
「いいね。声は出しちゃだめだからね」
 相手を確認しているのか画面に目を落としたまま早口で言うと、携帯電話を耳に当て、そして動きを再開した。


 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-15
2011年11月24日 (木)
「あ、いつもお世話になっています、企画二課の津川です」
「んっ! ん……んんっ!」
 わたしの口元を大きな手のひらで覆うと、課長は早いリズムでこすり付け始めた。オフィスでは聞き慣れている、課長の電話対応の言葉と同時に突き上げられて、必死で悲鳴を飲み込む。ずるりと一気に引き抜かれて身体が反り返る。ずんと奥まで叩き込まれて目の前がパチパチと弾ける。先ほどまでの穏やかさに抱いていた身体の不満は吹き飛んだけれど、この状況に頭の中はパニック寸前だった。
 ――もしも、わたしが声を出してしまったら、その声が相手に聞こえたら。
 危険度から言えば、今朝の電車の中での悪戯の比じゃない。相手は課長をよく知っていて、課長もよく知っているであろう人物だ。しかも今は、お昼休みとは言え就業時間中。仕事中に部下と社内でこんなことをしているとばれて、ただで済むわけがない。
『よくて降格、あるいは左遷、もしくは解雇……』
「っ、んんっ!」
 恐ろしくてたまらないのに、怖いと思えば思うほど身体が加速していく。びくっびくっと痙攣しながら先へと進んでいく。容赦なく掘り起こす激しさに、強くつむった目じりに涙が浮かぶ。
「……んっ! んっぁっ!」
 わずかに声が出た瞬間、口を覆っていた手のひらの力が強くなった。あごが痛むほどにに押さえつけられて、なぜか限界が吹っ切れる。
「んっ! んっ、んっ、んんっ!」
 がくんと身体が跳ねた。大きく見開いた目に、携帯電話を片手にわたしを見下ろす課長の姿が映る。視線が合ったと思った瞬間、その口元が笑いの形に歪むのがわかった。
「わかりました、二時ですね。あ、はい。大丈夫です。すぐ向かいます」
 話し終えると課長はふうっと小さく息をつき、手の中の機器をぱちりとたたんだ。そのままわたしから離れる。ぬるんとした感触に、脚の辺りを汚してしまったことがわかる。携帯電話と入れ替わりに出したポケットティッシュで、まだ勢いを失くしていないものを素早く拭くと、課長は身支度を整え始めた。
「クライアントから急な呼び出しが入った。今日はここまでだ」
 また今度、ゆっくりしようね。
 慣れた手つきでネクタイを結びながら課長が肩をすくめる。その声に残念そうな響きがあったのだけが救いだった。ここでごねても意味がない。邪魔な存在にだけはならない。なりたくない。
「お気をつけて。いい話だといいですね」
「ありがとう。行ってくるよ」
 さっきまでのことを全部忘れたようなさわやかな笑みに、わたしは黙って頷いた。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。