FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-16
2011年12月10日 (土)
「ごめんね、美加ちゃん。お先です」
 六時ちょうど、定時就業時間。
 先約があるからと謝る同僚に、こう言うときはお互いさまですからと応えてマグカップを片手に席に戻った。携帯電話を片手にかばんを持ち上げる二人にちらりと視線を向けながら、スリープ状態に入っていたパソコンを再開させる。月末にはまだ少し間があるけれど、優秀な課員のおかげで締め切りに向けて事務量は増えてきている。それでも休日出勤も珍しくない課内全体の雰囲気から考えれば、月平均で二十時間を少し超える程度の残業と言う事務員の仕事は申し訳ないほどにのんびりだ。
「もうちょっとしたら主任が帰ってくると思うんで、よろしくね」
「はい、お疲れさまでしたー」
 拝むように片手を挙げた詫びに笑顔で手を振って、そそくさと帰っていく後ろ姿を見送った。
「また難儀なことで」
 濃く淹れた緑茶をずずっとすすりながら壁の時計を見上げた。
 本来ならば来月に決まるはずだった仕事が先方の決算の都合で急遽決定し、内勤予定だった主任が呼び出された。今回の資料が明日の会議で使われることに決まったため、今日中に入力しておかなければならない。
 急ぎの仕事に限って、今日中に明日中にと言われると目を回しそうなボリュームを持っていることが多い。今回も残念ながらそのケースだった。実際にどれくらいの分量があるのかはこの目で見てみなければわからないけれど、五枚六枚でないことだけは確かだ。もしかしたら主任は手伝ってくれるかもしれないが、内勤だったのを呼び出されたということは、そもそもほかにやるべきことがあったからだろうし、全部一人でやってと言われる可能性も低くはない。持ち帰られる資料が大量でないことを願うばかりだ。
「課長からは連絡ないし」
 誰もいないのを幸い、引き出しのチョコをつまみながら携帯の画面を確認したけれど、先ほどからまったく変化はない。三時過ぎに会社の電話に入った他人行儀な声での「遅くなるので本日は直帰します」の一言で課長の説明は終わったらしい。仕事が優先なのは当然だけれど、あの状況で置いて行かれたわたしの寂しさも少しは察して欲しいと思ってしまうのも事実だった。もやもやとしたなにかが、まだ身体中のそこここに熱を残しているような気がして、なんとなく落ち着かない。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-17
2011年12月17日 (土)
「ま、これでもやっとくかー」
 主任が帰ってくるまでの時間つぶしにと、お世辞にもきれいとは言えない走り書きの束をファイルから抜き取った。暇なときによろしくと渡されていたものだ。これをワードで清書し、会議録としてファイリングしておくのがわたしの仕事だった。
 誰もいないのを幸い、一文節ずつ声に出して確認しながらキーボードを叩いていると、遠くから響いていた足音がカツリと止まり、そしてドアが開いた。
「ただいま」
「お帰りなさい。お疲れさまです」
 テンプレートのような返事をしながら顔を上げると、うつむき加減に入ってきた主任が部屋を横切って自分の机に向かうのが見えた。きれいに片付いた机の上に大きなビジネスバッグをどかっと置く。いかにも重そうな音を聞きながら、わたしは椅子から腰を上げた。立ったままバッグの中からパソコンと書類ケースを引っ張り出すと、主任が書類ケースだけを差し出してくる。受け取るとずしりとした重量が腕に響いた。
「これ、よろしく」
「はい」
 わたしが頷いたのを確認するように頷き返すと、主任はデスクの端に置かれた電源タップに持って返ってきたばかりのノートパソコンのプラグを差し込んだ。上着を脱いで椅子の背に掛け、どかりと音を立てて椅子に座る。自分の世界に入り込んだようなその仕草に、どうやら主任には優先事項があるらしいと気付いてしまう。これの入力は一人でやることになっているらしい。仕方ないなと小さく息をついて席に戻ろうとくるりときびすを返しかけたところで、背後から白井さんと声をかけられた。
「はい?」
 残っている事務がわたし一人だとわかっているのか、申し訳なさそうに軽く目を落としながら主任が言う。
「あの、悪いけど、それは今日中でお願いしたいんだ」
「はい、聞いています」
 ご心配なくと笑顔を見せると、主任はなぜか一瞬言葉に詰まったように止まった。
「……主任?」
 問いかけの視線を向けたわたしになんでもないと小さく首を振って、主任は画面に目を戻した。汗で額に張り付いた髪を指先で梳きながら画面を見つめる横顔は、いかにも仕事ができる男と言った雰囲気で、ちょっとときめいてしまう。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-18
2011年12月20日 (火)
「それでは」
 目をそらすような気分で軽く頭を下げて自席に戻った。
 ――主任って、結構評判いいよね。
 本人に確かめたことはないからはっきりとは知らないけれど、主任はわたしより二つか三つ、あるいは四つくらい歳が上だろう。特別付き合いがないわけでもなければ、特別な付き合いがあるわけでもない。誰とでも雑談に気軽に応じるタイプだし、お酒の席も決して嫌いではないようだから、友人は多いだろう。彼女がいるかどうかは知らないけれど、いたとしても不思議じゃない。わたしだって、課長とのことがなければいいなと素直に思っただろう。
「さぁって、と」
 束になった書類を確認しながらそれでもちらりと顔を上げると、主任は眉をひそめたままネクタイを緩めていた。真剣な目が鋭くディスプレーを睨みつけているのを見て、無意識で溜息をついてしまう。ケースから出した資料を入力順に分類しながらも、ひそかにその仕草を凝視した。
 スーツは男っぷりが三割増しになると言われるけれど、それよりも魅力的なのは、その端正な姿が崩れる瞬間だった。そんな目を向けているのはわたしだけかもしれないけれど、緩んだ衿元やまくり上げた袖口は仕事に没頭してるがゆえの隙のように見える。後ろからそっと近づいて抱きついたら驚くかな、その顔が見たいな、なんて、バカげた衝動が胸の内から湯気のようにふわりと浮いてくる。
 ――この顔で意外と、主任もイジワル系の人だったりして。
 手元の書類を確認しながら、本人が聞けば勝手に人の性癖を決めるなと怒られそうな言葉をつぶやき、これから入力する資料を手元に広げてキーボードを叩き始める。至極まともそうな課長があんな感じだったのだから、男の人の大半にそんな趣向があったとしてもわたしはもう驚かない。
 ――基本的にみんな、拘束と言葉攻めが好きよね。女の子におもちゃを押し当てて眺めるって人もいるらしいし。今朝みたいな、電車でってのも、そう言う人たちには結構普通なのかな? 主任も誰かとそんなことをしてるのかな? 電車の中で後ろから女の子のスカートに手を入れて、『ほら、もう濡れてるよ』とか……。
 普通は男から女へ向ける妄想だろう。口に出せば立派なセクハラだ。訴えられても文句は言えない。少し前までは、そんなことを考えてしまう自分がとんでもなくいやらしい女のように思えて、そのたびに落ち込んだりもしたけれど、性欲を押し殺しても意味がないと課長に教えられてからは、罪悪感に苦しめられることもなくなった。
 それがいいことなのかどうかは正直よくわからなくても、男と同じように、女の身体にも性的快楽を享受するためだけの器官が存在する以上、性行為が人間に許されている営みであることだけは確かだ。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
クリスマスなのですっ
2011年12月23日 (金)
おはようございます、にゃおです。
今年のクリスマスは三連休ですね。
彼氏サンと旅行なんて人もいるんじゃないかなー。
とってもうらやましいですっ(><

でも、実は、にゃおも今日はダーリンとデートなのです♪
一緒に暮らしてても一日で一緒に過ごせるのって三時間、四時間くらいなのですが、今日はべったり一日一緒なの。

ダーリンはさっき起きてきたところなので、これから軽~く朝食を摂って、電車で30分のこの周辺では一番の繁華街へ行くのです。
クリスマスプレゼントを選んで、お昼食べて、街中をぶらぶら散歩して、そして晩御飯食べて帰ってくると言う、特に何もないデートですけれど、でもダーリンと手をつないで街を歩くだけで嬉しいのです。すてきなものが見つかるといいな☆

唯一の問題は、ダーリンと違ってヒールを履いているにゃおの脚はとっても疲れやすいのでときどき休憩がしたいのですが、ダーリンがその辺りをちょっとわかってくれないという……
前に一度それでケンカになりかけたことがあるので、気をつけます。


●今回のお買い物
普段のケアはプエラリアひとつでらくちんなのですが、やっぱりこれだけ寒くなるとそうも言ってられないので、ビューティーベリー ナイトパックを追加しています。
にゃおもそろそろ、きちんとお手入れをしないといけない年齢なので……
当然、お買い得セット(1つ4200円が3つで12000円になるの!)を買いました☆
今年もこれで乗り切っちゃいます♪

あと、トロケアウ・ユズフレテ・ホワイトローズも買ったの☆
トロケアウは、こないだの久々ラブホデートのときにうっかり買い忘れてダーリンにちょっとだけ叱られちゃったので。しばらく行ける予定はないのですが、買い置きしときます。
またゆっくりお泊りデートできるといいなー

みなさんもステキなクリスマスを♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
年末でございます
2011年12月31日 (土)
おはようございます。にゃおです☆

早いものでもう今年も残り約6時間です。
みなさんはどんな一年だったですか?


にゃおは実はあまりいい一年ではなかったです。
仕事のこととか、震災後に連絡がとれないままの友人もいるし、あとプッシーキャットも今一つちゃんと更新できなかったし。
なんかもうひとつ満足感が少ないなぁって。

でも、ダーリンとは相変わらず仲良く元気に過ごせてるし、二十歳くらいからほとんど会えてなかった古い友達とゆっくり話す機会が持てたし、よかったこともあったなぁって思うのです。
なにより、にゃおもダーリンも、そして最愛の姪っ子&甥っ子ちゃんも元気で、それだけでもありがたい事だなぁって。
日々の感謝を忘れたらいけないって、そんな風に素直に考えたいと思います。

それでは。
皆様もどうぞよいお年をお迎えくださいね。
来年もプッシーキャットをよろしくお願いします。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。