FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
あなたは知らない-21
2012年01月28日 (土)
「おいしいよ、これ」
「はい。特別製ですから」
 不思議そうな顔に茶筒を振ってみせる。一瞬だけ怪訝な目をした主任は、けれどすぐに理解したようで、自分の湯飲みの中に視線を落としてぷっと吹き出した。
「なるほどね。高級品は味が違うってワケだ」
「特別サービスです。みんなには秘密で」
 わたしの言葉に大きな肩をすくめると、主任は空になった湯飲みを差し出してくる。継ぎ足してあげた二番茶をクスクス笑いながら嬉しそうにすする、その横顔。
「なるほどね、秘密か。確かに」
 ――やっぱりこの人、ちょっとかっこいいかも。
 こんなときにだけフル回転する脳が、一昔前の王道ラブストーリーのような設定を素早く作り始める。
 互いに好意を持つもの同士が二人っきりで残業で、なんとなくイイ雰囲気。偶然指先がふれて、目が合って、笑いあって――。もちろん実はかなりえっちなわたしが期待するのは、淡い恋心のドキドキだけじゃなくって、もっと濃厚な、ラブシーン込みのオトナなお話。
 好きだよの続きは優しい手に上を向かされての強引なキス。服の上からブラ越しに胸をさわられる。器用に片手でボタンを外しながら首から胸元までを唇で辿られ、指先で散々になぶられて赤く腫れ上がった乳首がじんじんと痛みに近い快感を伝えてくる。ショーツの内側に入り込んできた指先が胸への愛撫ですでにくちゅくちゅになっていたところをさらに攻め立てる。必死で声を殺してあえぐわたしをおもしろがるように、ゆっくりと指が沈んで――。
「……っ、は、ぁっ」
 目の前にその人がいるせいか、妄想が妙にリアルな色を帯びてくる。思わず息をもらしてしまい、それをごまかすような気分でマグカップに唇をつけた。
 ――あっ! やぁっ、あっ、ああ……っ!
 わたしが何度も声を上げ、ヒクヒクと震えたあとに全身から力が抜けたのを見計らって、大きな手のひらが足首をつかむ。意図を察して慌てて身体をよじっても、抵抗を許さない強い力が押さえつける。しっかり鍛えた厚い胸板や腹筋の浮いた身体が密着してくる。次の瞬間、大きく開かされた脚の付け根に押し当てられた熱いものがぐぐっと入り込んでくる。肌が当たるほどに奥まで侵入され、捏ねるように小刻みに揺らされる。耐え切れず髪を振り乱して絶叫してもそれが一度で終わるわけはなく、巧みに突き上げられては何度も叫び、口だけの赦しを請いながら身体は更なる快感に震えて――……。
「……んっ」
 無意識のうちにふとももをすり合わせた。いけないと思えば思うほどドキドキする。ショーツの奥が熱くなってきてるのもわかる。
 ――やっぱり、昼間の、あれだけじゃ足りなかったのね。
 そう考えると溜息が出そうになる。自分がいやらしい女なのだと思い知らされるような気がする。

 -つづく-
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
名乗ってもいいけど表には出さないでと言うかたは名前をカッコで閉じてください→例(にゃお)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。