FC2ブログ
R18 らぶえっち小説Blog
えっちな表現が盛りだくさんにつき、18歳未満&清純派さん回れ右!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
情愛キュビズム‐2
2016年08月27日 (土)
「やだ、ホントにもう、イヤ!」
「さっきもそんな事言ってたけど、レイちゃんすごい気持ちよさそうだったじゃん」
 遠慮のない仕草が細いリボンをほどき、ボタンを外す。両肩からひじの辺りまで引き下げられて上半身が剥き出しになった。押し返そうとした腕はあっという間に片手で一掴みにされて、抵抗の手段もなくなってしまう。
「キレイなおっぱい。まだ乳首勃ってるね」
「や、やだぁ……っ」
 長く伸ばした舌で見せつけるように先端をつつく。もどかしいくらいの刺激にぞわっと肌が粟立つ。口の中に含まれて軽く歯を当てられると、奥の方から溢れてくる。乱暴に揉みしだかれる痛みに悲鳴が出てしまう。
「だからっ、もうやめてって!」
「なんでさ。ね、もう一回だけ。バイトの時間まで」
「自分の都合ばっかり言わないでよっ」
 本当はそこまで嫌ではないけれど、でもこんなに簡単に流されてしまっている自分が悔しいから、虚勢を張るしかない。心の奥ではもっとして欲しいと思ってしまっている事実にはめまいがしそうだった。
「レイちゃんの上の口は嘘つきだね。こっちはこんなに……素直なのに」
「ぅ、くっ……あぅっ」
 節の目立たない、男にしては繊細な指でも、やはり女とは根本から違う。探るようにゆっくり抜き差しされると、それだけでおかしくなる。
「やっぱり、一本じゃ物足りない?」
 笑みをにじませた声を首筋に吐きかけながら、揃えた二本分の幅で、さらに強く深く侵入してくる。くちゅくちゅと卑猥な水音をまとわせた指に頭の中まで掻き回される。
「こっちも可愛がってあげないとね」
「あっ、ぁあ……っ」
 外側の萌芽にぬめった親指を擦りつけられると、さすがに理性は保てない。抜き差しと同じリズムで円を描かれて、強くつむった目じりに涙が浮かぶのがわかった。明るい緑色の闇の端に小さな火花が散る。指の動きに併せて身体がくねった。もっと奥までと誘い込むように腰が浮いた。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
名乗ってもいいけど表には出さないでと言うかたは名前をカッコで閉じてください→例(にゃお)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。